iPhone・Androidなどスマートフォン(スマホ)の画面破損・画面割れ修理なら業界最安級のiPhonePro【あいプロ】にお任せ!

トラブルに関する記事をチェック!

iPhoneお役立ち情報

iPhoneProからのお知らせ

お役立ち

【iPhone修理 長野】iPhone7フロントパネル交換!

投稿日:

あいプロ長野店では長野市内で最安値のiPhone(アイフォン)の修理を行っております。一番安い修理は当店で決まり!どこよりも早く安い修理でみなさん大満足です。画面の修理だけでなくバッテリーの交換や水没してしまったiPhone(アイフォン)の復旧なども得意としております。iPhone(アイフォン)が壊れてしまったらまずは当店へご相談くださいませ。

ロゴ2

あいプロ 長野店

長野県長野市三輪9丁目4324

イオンタウン長野三輪1階 ザ・ビッグ前

TEL: 050-5438-9100

メールnagano@iphonepro.co.jp

修理価格はをクリック

コンタクト4


みなさんこんにちわ!あいプロイオンタウン長野三輪店です!

イオンタウン長野三輪内 ザ・ビッグ食品売り場前にて、

本日も10:00〜20:00まで元気に営業しております!是非お気軽にお越しくださいませ!!٩( ‘ω’ )و

 

こんにちは!

あいプロ長野店です!!

最近は晴れていても寒い日が続きますね。

これからはこれが普通になることでしょう。

これからの季節、ウィンタースポーツが盛んになってくることでしょう。

僕は3歳の頃から親がスキーのインストラクターだったこともあってずっとスキーをやってきました。いまだにコブなどのリズム感覚が必要な滑りは苦手ですがスラロームやビックスラロームは小さいころからそこそこいい成績だったりします。

ポールにぶち当たる瞬間は癖になりますよ。それでいいタイムが出た時は夕飯が少しだけ豪華になるのも懐かしいです。今は現役ではないですが冬には必ず滑りに行きますね。

 

さて、今回は本日ご依頼頂いたiPhone7のフロントパネルの交換について簡単に書いていこうかなと思います。

iPhone7と言えば初めてイヤホンジャックが無くなったiPhoneですね。

最初は高かったワイヤードのヘッドフォンが使えなくてショックだった方もいるかと思いますが今となってはイヤホンジャックがないことがiPhoneではスタンダードですよね。

気が付いたらホームボタンも無くなってますからね。スマートフォンの進化は昔ほどハイペースではありませんが着々と進化しております。

さぁ、まずは充電口の横にある二本の星形の頭をしたネジを外していきましょう。

当然と言えば当然ですがこの時、ネジの場所が分からなくなることの無いように

磁力を持ったマス目の工作板のようなものがあると便利です。人それぞれではありますがね。

次に防水のシールをヒートガンの弱かドライヤーで温めます。

こうすることで防水のシールを粘着性が弱まるのでやっておいて損はないです。

また、アウトカメラや内部のパーツ(ばってりーなど)を温めすぎると破損の原因になるので縁を人肌程で温めましょう。

そうしましたら、金属製のヘラやフロントパネルを開けるための吸盤(正式名称はわかりません)を使って、フロントパネルを浮かしていきます。

吸盤だと一気に引っ張りたくなりますがフロントパネルとロジックボード(基板)を繋ぐケーブルがありますので一気に引っ張ってはいけません。

また、金属製のヘラもiPhoneの右側を開けるときは要注意です。こちら側にフロントパネルとロジックボード(基板)を繋ぐケーブルがありますので下手に差し込むと断線の元です。また左側もバッテリーがあるので一気に差し込むとバッテリーに穴が開き発火の原因になります。基本的にリチウムイオンバッテリーは酸素に反応して燃え上がりますので標高の高いところも要注意だったりします。

いずれにせよ特に注意が必要なのは両サイドですが、上下ももちろん注意が必要です。

綺麗に開けることが出来ましたら、次にバッテリーの端子をはずします。

その為に、まずはバッテリーの隣にあるYネジの付いた金属製のプレートを外します。

Yネジは非常に舐めやすいのでトルクは慎重にかけてください。

四本はずせたら、次にバッテリーの端子をはずします。この端子実は金属製のプレートにくっ付いてくることが多いので金属製のプレートを取り除くときに注意してください。いろいろなケーブルが切れてしまう恐れがあります。

その次にフロントパネルからのびている二本の端子を外します。なぜバッテリーから外すか気になってる方もいるかもしれません。

バッテリーの端子が付いている状態で他の端子をいじると最悪の場合はショートしてロジックボード(基板)が使いものにならなくなってしまいます。

そこまでできたら次にフロントパネル上部から延びているケーブルをロジックボード(基板)から外します。

金属製のプレートを取り外して、端子を取ります。ここまではそこまで難しくはないですね。

そうするとフロントパネルは外れたかと思います。

その次にロジックボード(基板)やフレームの方についてる防水シールをピンセット等で取り除いていきます。洗浄用にエタノール系の液を持っておくとこの後も便利です。

取り除けたら次はフロントパネルに付いてるパーツを全部外していきます。

まずは、iPhone7なら一番使うボタンのホームボタンを外しましょう。四本のYネジを外して金属製のプレートを外して、ホームボタンの端子を外します。ここまでは難しくはないですが次の糊の部分が個体によってはエタノール系の液を付けないと綺麗に外れない場合があります。やり方は難しくないですよ。エタノール系の液をたっぷりそこにかけてスパッチャーや薄いマイナスドライバーなどで剥がします。この時マイナスドライバーでやるのであれば絶対にキズを付けないように、御注意ください。スパッチャーでもそうですがキズをつけると指紋認証やそもそもホームボタンが効かないなんてことになりかねません。

次にインダクション(インカメラ等)を外していきます。

外し方の基本はホームボタンと同じです。金属製のプレートを外してイヤスピーカーを外してたっぷりのエタノール系の液をぶっかけスパッチャーやマイナスドライバーで取っていきます。

綺麗に外れたら、インカメラと近接センサーのプラスチックのパーツをピンセットで思い切りよくテコの原理で外します。

このパーツは後でも使うので取っておいてください。

そうするとほとんどパーツが取れたような気がしますが、大きいものがもう一点あります。

保護のために付いてる大きな金属製のプレートですね。こちらも舐めやすいYネジで止まってるので注意しながら外してください。でもまだ、金属製のプレートに二本のケーブルが付いてるかとおもいます。これはエタノール系の液を付けたスパッチャーやマイナスドライバーで優しく剥いでいきます。

これが取れましたらほとんど全部外せていますが一本だけネジが付いてると思います。

インダクション(インカメラ等)の取り付けネジの左横にあるはずです。

こいつを真っ先に新しいフロントパネルに取り付けましょう。

このネジを取りつけないとインダクション(インカメラ等)を取りつける時安定しません。

ここまでできれば基本的には逆順で作業すれば簡単に交換完了です。

チャレンジする際は自己責任で!

分からなかったり自信がないときはあいプロ長野店にお任せください。

ではでは( ´Д`)ノ~バイバイ

皆様のご来店心よりお待ちしております!

あいプロ 長野店

長野県長野市三輪9丁目4324

イオンタウン長野三輪1階 ザ・ビッグ前

TEL: 050-5438-9100

メールnagano@iphonepro.co.jp

修理価格はをクリック

コンタクト4

※特に記載のない場合、修理金額は税込でございます。

※各部品への保証につきましては、注意事項がございます。詳しくは当店スタッフへお気軽にご質問ください。

※データに関してはお預かり前に全てを確認・把握することは不可能なため、データの保証については行なっておりません。ご心配な方は事前にバックアップをお願いいたします。

※ご好評のため各部品には限りがございます。事前にご確認頂けますと幸いです。

  • iphone 修理
  • iphone 修理
  • iphone 修理