iPhone・Androidなどスマートフォン(スマホ)の画面破損・画面割れ修理なら業界最安級のiPhonePro【あいプロ】にお任せ!

トラブルに関する記事をチェック!

iPhoneお役立ち情報

iPhoneProからのお知らせ

iPhone X XR XS XSMax お役立ち ディスプレイ データは残したまま トラブル バッテリー 修理 修理店探し 即日修理 防水シート

iPhone Xの画面を割ってしまった!どうする?【沼津・三島・富士・静岡】

投稿日:

あいプロ富士・中里店では富士市内で最安値のiPhone、Android 、iPadの修理を行っております。一番安い修理は当店で決まり!どこよりも早く安い修理でみなさん大満足です。 画面の修理だけでなくバッテリーの交換や、 水没してしまったiPhone、Androidの 復旧なども得意としております。 iPhone、Android、iPadが壊れてしまったらまずは当店へご相談くださいませ。

ロゴ2

あいプロ 富士・中里店

静岡県富士市中里2566-21

MEGAドンキ・ホーテuny中里店前 テナント

TEL: 050-5359-5005

修理価格はをクリック

コンタクト4

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

皆さん、こんにちは!あいプロ富士中里店です。

あいプロ富士中里店は今日も元気に営業しております。何かお困りの際には是非お立ち寄りください。

さて、今回はiPhone Xについて紹介しようと思います。

iPhone Xとは?

iPhone Xは2017年9月12日にアップルのイベントで発表され、同年10月27日から予約開始し、同年11月3日に世界各国で発売されました。iPhoneシリーズの11世代目です。iPhone XのXは10と言う意味で、iPhoneシリーズ10周年の意も込められているそうです。

タッチパネルの色は黒のみ

iPhone Xの従来のiPhoneとの比較ですが、まずタッチパネルの色が黒のみになりました。従来のタッチパネルには黒と白がありましたが今回は黒のみですね。これはタッチパネルが史上初となる有機ELに変わった影響があると思います。また、バックパネルはiPhone 8に引き続きガラスで、色は全2色(スペースグレイ、シルバー)です。タッチパネルの黒色とバックパネルのクールな2色が組み合わさり、高級感が感じられるデザインになってます。

iPhone Xにはホームボタンがない?!

iPhone 8までは下にホームボタンがあり、スマホのホーム画面に戻るときや、履歴の閲覧(2回押す)、iPhoneシリーズの指紋認証システムであるTouch IDなどのために主に使われました。しかし、iPhone Xには題名の通りホームボタンがありません。iPhone Xからはホームボタンをスクリーンの下部にホームインジケーターと呼ばれるバーを表示させ、それを上にスワイプしてホームボタンに戻る。従来のiPhoneで画面下部にあったコントロールセンターと呼ばれるバーは右上に置き換わり下にスワイプして操作を行うようになりました。また、従来のホームボタンで行っていた指紋認証(Touch ID)は顔認証システム(Face ID)という代わりのものに置き換わりました。Touch ID代役を務めるとともにより強化なセキュリティシステムとなったわけです。

iPhone Xの後継機は?

AppleはiPhone Xに置き換わる新機種としてiPhone XS, iPhone XR, iPhone XS Maxを発表しました。3種とも同時に2018年9月12日に発表され、iPhone XS, iPhone XS Maxは同年9月14日に予約受付開始、同月21日に発売されました。一方iPhone XRはiPhone XSとは一ヶ月遅れで、同年10月19日に予約開始、同月26日に発売されました。

iPhone Xの画面交換修理

画面交換とはいっても修理方法は二種類ありまして、画面のみの交換と液晶を含めた画面の交換です。前者は画面は割れてるけど普通に操作できる時、後者は画面が割れていて液晶も漏れて操作が効かない時の修理方法です。

さて、ここからはiPhone Xの画面交換の修理方法について見ていこうと思います。

星ネジを外す

まずはiPhone共通でタッチパネル下部(ドッグコネクターの両端)に星ネジがありますので、それを専用のドライバーで取ります。iPhone 8までの機種星ネジの長さは0.8mm程度でしたが、iPhone Xではその約2倍の長さとなりました。その分回す回数が長いです。慎重にとっていきます。

本体を開く

次に本体を開くためにタッチパネルを剥がしていきます。タッチパネルは基板側と防水テープでしっかりついているので、無水エタノールを垂らしながら慎重に剥がしていきます。iPhone 8までと比べてiPhone X以降の機種はタッチパネルの厚く、少し剥がしにくいです。その分割れにくいと言う性質があります。iPhone Xはタッチパネルから向かって右側にコネクターが通ってるので右側にヘラを入れて開けようと試みる際はあまり奥に入れすぎないように気をつけます。

コネクターを外す

本体を開いたら上記の通りこねクアーが本体とタッチパネルの間に通っています。これらのコネクターは一旦外す必要があるので外します。まず、コネクターを止めているネジを全て外し、カバーを取ります。コネクターはまずバッテリーのコネクターを一番初めに外し、その後に他のコネクターを外します。カバーを取るとたくさんコネクターがあると思いますが、タッチパネルと繋がっているコネクターのみを見極めて外します。中には本体とノリでくっついているコネクターもあるので、その時は無水エタノールを垂らして剥がしてください。

スピーカーを外す

タッチパネルの上部には複数ネジが止められていると思います。それを外します。そこには近視センサーやスピーカーが止まっているので、それらを外します。それで止まっているを気ではないのですがしっかりはまっているので細かいパーツなので傷をつけないように気をつけます。時々無水エタノールを垂らして摩擦を減らします。外れたら、アウトカメラのフレームが糊でくっついているので外します。これで全てのパーツを外し終えたと思います。

タッチパネルを新しいものに交換する

ここからはiPhone Xの新しいパーツの交換と、組み立て作業に入ります。まずタッチパネルを新しいものに交換し、先程外したスビーカーを新しい方に取り付けていきます。アウトカメラのフレームをつけ、その上にスピーカー等を順番につけます。その後、ネジを閉めます。

バッテリーを交換する

ここで、バッテリーを交換する方法についても見ていきたいと思います。すでにバッテリーのコネクターは外していますね。iPhone XのシリーズのバッテリーはL字型に曲がっていて、iPhone 8までの真っ直ぐなばってりーとは異なります。そのため、バッテリーを本体に貼る両面テープの形も特殊でバッテリーの上下両端に少しずつ貼られているため、真ん中周辺はくっついていなくiPhone Xの方が剥がしやすいです。それではいつもと同じように無水エタノールを垂らして両面テープの粘着力を下げます。多分両面テープはすぐに緩みますので、丈夫なヘラを使用して剥がしていきます。

防水テープを貼る

ここでコネクターを接続する前に防水テープを本体側に貼ります。防水テープは本体の枠の部分に貼るもので、しっかり貼るためにピンセットの先端部分を使ってきれいに貼ります。

本体と接続する

次に本体とタッチパネルのコネクターを接続させます。タッチパネルのコネクターを全て接続し終わったら、バッテリーのコネクターも接続し、一度本体の電源を入れて画面がちゃんと付くかどうか確認します。Appleのリンゴマークが表示されればOKです。コネクターの上にカバーをつけネジを全て閉めます。

本体を閉める

コネクターもつけ終わったので、あとは閉めるだけです。タッチパネル上部に爪があるので、それを本体にひっかけて閉めます。防水テープも貼ってあるので本体とタッチパネルがしっかりくっつくように少し力を入れて抑えます。あとは星ネジを閉めれば完了です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

些細なことからトラブル、修理の事まで何でも一度お問い合わせください!

TEL 050-5359-5005

  • iphone 修理
  • iphone 修理
  • iphone 修理