iPhone・Androidなどスマートフォン(スマホ)の画面破損・画面割れ修理なら業界最安級のiPhonePro【あいプロ】にお任せ!

トラブルに関する記事をチェック!

iPhoneお役立ち情報

iPhoneProからのお知らせ

5s 6 6S iPhone SE お役立ち お知らせ アクセサリ カメラ ガラスコーティング キャンペーン ディスプレイ データは残したまま トラブル ドックコネクター バッテリー ホームボタン リンゴループ 価格ご案内 修理 修理店探し 即日修理 水没

【iPhoneSE 修理 富山】今使っているiPhoneSEが壊れたら!?

投稿日:

デジプロ×あいプロでは、富山で最高級品質のアイフォン修理が出来ます。
データを消さずに!画面割れ修理・バッテリー交換修理・その他修理が可能です。
 富山でアイフォンの修理をするなら「デジプロ×あいプロ」にお任せ下さい。

デジプロ×あいプロ ファボーレ富山店
〒939-2716
富山県 富山市婦中町下轡田165-1


☎ 076-461-5699
朝10時から夜は21時まで営業中!!

map

あいプロ公式ラインでのお問い合わせはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

デジプロ×あいプロのネットショップオープンしました!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


みなさんこんにちは。デジプロ×あいプロ ファボーレ富山店です。

【iPhoneSE】

最近このiPhoneをよく聞きませんか!?

iPhoneSEは今第一世代と第二世代の2種類あります。

その中でもiPhoneSE2(第二世代)は去年発売されたiPhoneSEの新型モデルです。

そもそもiPhoneSEとは何か気になりますよね!?

なんかメイン機種よりも安い価格で発売されていたり、発売時期もなんかバラバラでふわふわした存在のiPhoneSEですが価格の安さにも秘密があります。

ではまずはiPhoneSEについてご紹介していきます。

その後にもしもそんな大事なiPhoneSE・iPhoneSE2が壊れてしまった時にどうすればいいのか!?

修理に一体いくらくらいかかるのか!?

そんなことを富山にあるiPhone修理店と比較しながらご紹介していきます。

iPhoneSEとは・・・

iPhoneSEとはiPhoneのメインシリーズからズレた位置付けのiPhoneで、販売価格がメインシリーズよりも安いのが大きな特徴!

ではそんなiPhoneSEの特徴をご紹介していきます。

iPhoneSE(第一世代)

2016年に発売されたiPhoneSEの第一世代。

サイズは、iPhone6s より小さくiPhone5/5sと同じサイズだが、カメラ性能やCPUなどのスペックはiPhone6sと同等になっている。しかし、iPhone6sで初搭載された3D touchやTaptic Engineは搭載されておらず、FaceTimeカメラの解像度や最大通信速度はiPhone6と変わらず、Touch IDセンサーも第1世代の物が搭載されているなど、iPhone5sとiPhone6とiPhone6sのそれぞれを混ぜたようなiPhoneです。

画面サイズは4インチ。(iPhone5/5sなどと同じ)

iPhone6やiPhone6sなどが発売してから端末サイズが少し大きく感じる人が多く、これまでのiPhone5sやiPhone5くらいの端末サイズを求める声が当初多かったです。

また端末価格を抑えるために外装は同じもので、コンピューターの性能を向上させて使いやすくしたのがこのiPhoneSEです。

なので今でもiPhoneSEの第一世代を使っている人は多くいます。

当店でもiPhoneSEの画面修理やバッテリー交換に来ていただくお客様は少なくありません!

それだけ人気だったということがわかります。

また2台目として持つ人も多く、必要最低限の連絡だけできればいい人や仕事用にiPhoneSEを買う人もいました。

端末価格が抑えられている分少し贅沢な使い方ができるのもいいところです(^ ^)

見た目がiPhone5sやiPhone5と一緒なので見分けられない人もいます。

そこでiPhoneSE第一世代とiPhone5s、iPhone5の見分け方をご紹介します!

iPhoneSE・iPhone5s・iPhone5 の見分け方

ではまずiPhone5とiPhone5sの見分け方から!

 

パッと並べられたiPhoneが2台。

パッとみただけでどっちがどっちとわかった人はさすがです!!

iPhone5とiPhone5sを見分ける方法はわかりやすいところでいえば2個です!

まず背面側の違いから!

背面側の違いはアウトカメラ横のフラッシュの部分の形です!!

この赤丸部分に違いがあります。

このフラッシュの部分(LEDライト)の形が楕円形かまん丸かで違いがあります。

この写真の左側がiPhone5sで右側がiPhone5となります。

でもよーく気にしないとわからないですよね〜Σ(゚д゚lll)

次は表側のフロントパネルに答えが隠れています。

一見変わりがないように見えますがここにも答えがあります。

それはここの部分!!

 

ホームボタンに違いがあります!!

iPhone5までは指紋認証機能がなくTouch IDは搭載されていませんでしたが、iPhone5sからは指紋認証機能が搭載されています。

そのためホームボタンのデザインに違いがあります。

iPhone5sに関しては指紋認証機能があるためホームボタンの縁がリングがある感じのデザインになっています。

なのでホームボタンを見れば違いがわかります!!

ここまではiPhone5とiPhone5sの違いを見てみましたがではiPhoneSEではどうなのか!?

今回はiPhone5sとiPhoneSEで見てみます。

結果から言ってしまうとiPhone5とiPhone5sの見分け方よりも簡単です!

その答えは背面にあります!!

もう答えが書いてあります!!

iPhoneSEの方には背面のiPhoneの下に「 SE 」と書かれています!

なのでもう背面を見ればすぐにわかってしまいます!!

ここまではiPhoneSE第一世代についてご紹介してきましたがいよいよ修理について触れていきましょう!

iPhoneSE(第一世代) 修理

iPhoneSEは発売から5年経っているためバッテリー交換されるお客様が多いです。

しかしバッテリー交換だけではなく、画面修理されるお客様も少なくありません!

ではまずは画面修理から見ていきましょう!

iPhoneSE(第一世代)画面修理

iPhoneの画面トラブルはいくつかあります。

【画面割れ】

画面トラブルで一番多いのがこの画面割れですm(_ _)m

画面割れしたまま使っている人も多くいますが、意外と画面割れでただ割れただけと思っていてもいつiPhoneが使えなくなるかわかりません。

iPhoneのフロントパネルにはいろいろなセンサーなどがあります。

その中にはもちろんタッチセンサーも含まれていますので画面が少し割れただけと思っているとそのうちiPhoneのタッチ操作が出来なくなってしまいます。それだけではなく画面が映らなくなってしまう可能性もあります。

iPhoneの画面が割れている状態で使用を続けているとその割れたところに圧力が集中しやすくなり、割れているところが液晶漏れを起こしたり、タッチ不良を起こします。

【ゴーストタッチ(タッチ不良)】

これは画面不良の一種で落としたりして画面が割れていなくてもなる可能性があります。

タッチ不良にもいろいろあります。

・そもそもタッチ操作が出来ない

・画面の一部がタッチ操作できない場所がある

・タッチ操作などしていないのに画面が勝手に操作される(ゴーストタッチ)

これらの場合にはそのまま放置していても直るものではないのですぐに修理したほうがいいです。

タッチ操作が出来ない場合にはiPhoneを機種変したくてもタッチ操作が出来ないのでデータの移行やバックアップができません。

またゴーストタッチが起きてしまった場合には勝手に画面が操作されてしまうのでiPhoneのロック画面のパスコード入力画面をひたすらタッチされてしまうことになり、そうするとロック解除のパスコード間違えが数回に渡って起きるため最悪の場合、初期化するしかない状況にもなります。

そうなってしまうともちろんデータは初期化!

iPhoneは工場出荷状態になります。データのバックアップができていない人は何もできないままデータを失います。

そのためゴーストタッチが起きた場合にはなるべくiPhoneは起動せず放置してすぐに画面修理を検討してください!

【画面が映らない(液晶不良)】

iPhoneを落としてしまったり、何かの拍子にiPhoneの画面が映らなくなってしまった場合には画面不良の可能性が高いです。

この故障の場合、通知音やバイブレーションなどの反応はあるけど画面が何も映らない。。。

などの場合にはほとんどの確率で画面故障です。

画面が割れていなくてもこの現象にはなります:(;゙゚’ω゚’):

 

これらの故障内容は実際に当店にご来店される画面修理依頼のお客様の誰かしらがなっている現象です。

なので他人事とは思わずに頭の片隅に覚えておいてください!

ではiPhoneSE(第一世代)の画面修理価格をご紹介します!

iPhoneSE(第一世代) 画面修理 価格比較

富山県内にあるiPhone修理店の修理価格を比較してみました!

 

あいプロ ファボーレ富山店

標準パネル (保証6ヶ月) 6,900円(税込)
純正同等パネル (保証5年) 9,900円(税込)

A社

B品質パネル (保証3ヶ月)  7,000円(税込)
A品質パネル (保証1年) 10,000円(税込)

B社

Bパネル          7,500円(税込)
Aパネル 11,000円(税込)

 

デジプロ×あいプロ富山店の画面修理 パネルの特徴

 

標準パネル 純正同等パネル         
【メリット】

・価格が安い

【デメリット】

・タッチ感度△

・純正と比べると最大光量が暗い

・画面が青く見える

・フリック入力△

【メリット】

・使用感が純正と遜色ない

・タッチ感度◎

・純正と変わらない明るさ

・フリック入力◎

【デメリット】

・修理金額が少し高い

標準パネル

一般的な非正規修理店で使われているコピーパネルです。

もともとiPhoneに使われているフロントパネルに比べると色味が変わってしまったり、タッチ感度や操作感が若干鈍く感じたりと純正と比べてしまうと性能に大きな差が出ます。

フロントパネルの色もいつもに比べると青く感じます。

真っ白い画面などで見比べると差がわかりやすいです。

またタッチ操作などもフリック入力やゲームをよくする人にとってはストレスを感じる方もいます。

しかし修理金額も正規店と比べても安く修理ができるので気にならない方や修理後すぐに機種変を考えている人などはオススメです。

また最大光量も純正と比べると暗いため日中外の明るい場所などで操作するときに画面の明るさを最大にしてもその明るさが物足りなく見にくくなることもあります。

純正同等パネル

先ほどの標準パネルよりも質のいいコピーパネルで名前の通り操作感や表示の色などがより純正に近い作りのパネルです。

標準パネルとは違い、純正パネルに近い作りなため修理金額も標準パネルに比べると高額になりますが操作をしていて純正のパネルの時と変わらないくらいのタッチ操作感だったりします。

そのためフリック入力をよくする方やゲームをする方でもストレスなくお使いいただけると思います。

最大光量も純正と変わらないくらい明るので横で見比べても違いがわからないくらいです。

そのため純正同等パネルを選ぶお客様は多いです。

操作感や修理したiPhoneを修理後もまだまだ現役で使い続けたい方にはこちらのパネルがオススメです!!

画面修理保証期間

当店ではiPhoneの画面修理後に製品保証を設けております。

修理後もお客様には安心してお使いいただきたいので初期不良などに対し無償で新しいパネルにお取り返させていただきます。

標準パネル ヶ月間
純正同等パネル 年間

この保証期間は当店での画面修理後に設けている保証期間です。

当店で修理していただいたお客様に修理パーツの初期不良などに対して適応されます。

保証対象(初期不良)

・画面修理後に落としてもないのに急に画面がつかなくなった

・画面修理後にタッチ操作ができなくなった

・画面修理後にゴーストタッチの症状が出るようになった

・画面修理後に急に画面が剥がれてきた

などの初期不良(自然故障)などに対して無償で新しいパネルに再修理させていただきます。

ただし保証期間内でも対象外になる場合があります。

保証対象外

・画面修理後に水没させてしまった

・画面修理後に落下させて画面が映らなくなってしまった

・画面修理後に他店舗や自分で分解した

・画面修理後に画面割れや傷などが入っている

これらの場合には保証期間内でも保証対象外になりますのでご了承ください。

また保証期間をそもそも付けられない場合もあります。

保証が付かない端末

・修理後に動作が確認できない

・水没している端末

・自分で分解したことがある

・端末の破損状況がひどい場合

これらの場合には修理後の保証をつけられません。

正規店などではそもそも修理を受け付けてもらえない場合もありますが当店では保証期間を設けることはできませんが修理対応することはできますのでまずはお気軽にご相談ください!

iPhoneSE(第一世代)バッテリー交換

発売から5年が経っているとだんだんバッテリーも劣化してきます。

iPhoneのバッテリーの交換時期は約2年と言われています。

さらにiPhoneSEに使われているバッテリーの容量はもともと大きくないためバッテリーの劣化が謙虚に現れます。

劣化したバッテリーを使い続けているとバッテリーが膨張したりします。

バッテリーが膨張してしまうとフロントパネルにも影響が出たりします。

この機種は特に隙間の多い機種なので端末内部にホコリやゴミなどが溜まりやすいです。

それが原因で通電不良を起こしたり、起動不良や端末が熱くなったりと精密機器であるiPhoneは影響を受けやすいです。

iPhoneSE(第一世代) バッテリー交換 価格比較

あいプロ ファボーレ富山店

バッテリー交換 4,000円(税込)
保証期間 3ヶ月

A社

バッテリー交換 4,400円(税込)
保証期間 1ヶ月

B社

バッテリー交換 4,500円(税込)
保証期間 1ヶ月

 

このくらいの機種になると修理金額も相場的に大体同じくらいになっていますね。

ただお店によって保証期間が違ったり、場所によっては当日対応してくれないお店もあるみたいなのですぐに直したい方はお店選びが重要です!

当店ではiPhoneSEでも即日修理対応いたします!!

では次にiPhoneSE(第二世代)についてご紹介します!

iPhoneSE(第二世代)

2019年に発売したiPhoneSEの第二世代!

iPhoneSE2と呼ばれる時もありますね。

iPhoneSEシリーズでは新型モデルになります。

サイズ

iPhone8とほとんど一緒です。

というよりもパッと見たらどっちがどっちかわからないです。

ディスプレイ

  • Retina HDディスプレイ
  • IPSテクノロジー搭載4.7インチ(対角)ワイドスクリーンLCD Multi‑Touchディスプレイ
  • 1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi
  • 1,400:1コントラスト比(標準)
  • True Toneディスプレイ
  • 広色域ディスプレイ(P3)
  • 触覚タッチ
  • 最大輝度625ニト(標準)
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • 拡大表示
  • 簡易アクセス

防沫性能、耐水性能、防塵性能

  • IEC規格60529にもとづくIP67等級
    (最大水深1メートルで最大30分間)

iPhoneSE(第二世代)は端末サイズや見た目はiPhone8と一緒ですが、コンピューターの性能はiPhone11と同じです。

そのためiPhoneSEの第一世代同様、iPhoneSE(第二世代)もiPhone8と見分けられない人もいると思います。

iPhoneSE2・iPhone8 の見分け方

iPhoneSE2とiPhone8の見分け方をご紹介します。

iPhoneSE2とiPhone8の見分けるポイントは背面です。

フロントパネルには違いがなくぱっと見だけでは違いがわかりません!!

そんな時は背面パネルを見ます!

背面パネルのリンゴマークの位置に違いがあります。

iPhone8はリンゴマークが真ん中よりも少し上に位置しているのですが、iPhoneSE2の場合にはリンゴマークが真ん中に位置しています。

パッと見はわかりにくいですが並べてみると意外と位置が違います。

表側の見た目はほとんど違いがないので背面を見て確認するのが一番です!

ではiPhoneSE(第一世代)に引き続きiPhoneSE(第二世代)の修理価格をご紹介していきます。

 

iPhoneSE(第二世代) 画面修理 価格比較

富山県内にあるiPhone修理店の修理価格を比較してみました!

あいプロ ファボーレ富山店

標準パネル (保証6ヶ月) 9,900円(税込)
純正同等パネル (保証5年) 12,900円(税込)

A社

B品質パネル (保証3ヶ月)  11,500円(税込)
A品質パネル (保証1年) 14,500円(税込)

B社

Bパネル          12,800円(税込)
Aパネル 16,800円(税込)

 

iPhoneSE(第二世代)もiPhoneSE(第一世代)の時にご紹介した画面内容と同じになります。

またiPhoneSE(第二世代)はiPhone8と見た目も同じですが修理に使うパーツも同じなことがあります。

バッテリーなどはそれぞれ違いますがそれぞれ共通で使えるパーツがあります。

・フロントパネル

・カメラ

・SIMトレー

・Taptic Engine(バイブレーション)

これらはiPhone8と共有で使える分修理対応もスムーズにいきます!

ただバッテリーなどはiPhoneSE2専用になるためiPhone8とは異なります。

ではお次はiPhoneSE(第二世代)のバッテリー交換をご紹介していきます。

 

iPhoneSE(第二世代) バッテリー交換 価格比較

あいプロ ファボーレ富山店

バッテリー交換 8,000円(税込)
保証期間 3ヶ月

A社

バッテリー交換 8,000円(税込)
保証期間 1ヶ月

B社

バッテリー交換 12,000円(税込)
保証期間 1ヶ月

iPhoneSE2はまだまだバッテリー交換費用が高いのが現状です。

というのもまだ発売して間もないiPhoneの場合修理パーツの価格が高いのが理由の1つです。

iPhoneのバッテリーの交換時期は約2年と言われていることもあり、iPhoneSE2はまだバッテリー交換の依頼件数としては少ないです。

またiPhoneSE2の場合にはバッテリー交換をするとiPhoneにある通知が来ます。

 

バッテリーに関する重要なメッセージ

以下のメッセージが表示される場合は、iPhone のバッテリーの状態を確認できないことを示します。このメッセージは、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 以降で表示されることがあります。

この iPhone で正規の Apple 製バッテリーが使用されていることを確認できません。このバッテリーではバッテリーの状態の情報を利用できません。 関連情報…

このようにiPhoneSE2などはバッテリー交換をした際に通知が来ます。

これはiPhoneに正規店以外での修理や正規品ではないバッテリーを交換した際に表示される通知です。

ただこの通知が出ているからと言ってiPhoneが使えなくなるわけではありません。

あくまでも AppleがiPhoneの性能をより詳しく図るために搭載された機能です。

それだけiPhoneは進化してきていると言えます。

まとめ

今回はiPhoneSE(第一世代)とiPhoneSE(第二世代)についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか!?

こうやって比べてみるとiPhoneSEが売れていて色々な人に使われている意味がわかりますね!

iPhoneSE(第二世代)は色々なキャリアでも取り扱っていますし、今発売しているiPhoneだとホームボタンの付いている最後の機種になるかもしれません!

まだまだホームボタン愛好者はいますのでそろそろ新しいiPhoneに買い換えようかなとお悩みの方はiPhoneSE(第二世代)もいいかもしれませんね!

そして何かiPhoneのことでお困りのことがあれば当店にご相談ください!!

当店では今回紹介したiPhoneSE以外にもiPhoneほとんどの機種で修理対応可能です。

またiPhoneのみならず、iPad・Androidスマホ・ゲーム機修理・ニンテンドースイッチなどの修理も行なっておりますのでお困りの方はお気軽にご相談くださいd( ̄  ̄)!!

 

  • iphone 修理
  • iphone 修理
  • iphone 修理