iPhone・Androidなどスマートフォン(スマホ)の画面破損・画面割れ修理なら業界最安級のiPhonePro【あいプロ】にお任せ!

トラブルに関する記事をチェック!

iPhoneお役立ち情報

iPhoneProからのお知らせ

iPhone ディスプレイ データは残したまま 修理 即日修理

【iPhone11 修理 名古屋 北区】名古屋で格安iPhone修理をするならあいプロ名古屋大曽根駅前店!!

投稿日:

皆さんこんにちは!

愛知県名古屋市の大曽根駅(ミュープラット大曽根)1階

ダイソーさんの目の前にあります(^^)

iPhone/ipad/Nintendo Switch(ゲーム機など)/Android/タブレットなど

スマートフォン/ゲーム機を修理できるお店

あいプロ名古屋大曽根駅前店です♫

名城線や中央本線、瀬戸線をご利用の方、大曽根駅周辺、東区、北区、守山区、千種区、天白区、春日井市方面にお住まいの方

あいプロ名古屋大曽根駅前店なら、データはそのまま即日修理可能です!

液晶修理の保証は5年、バッテリーは3ヶ月保証!

地域最安価格で年中無休営業、10時〜21時まで営業しております。

あいプロ名古屋大曽根駅前店

〒461-0048

愛知県名古屋市東区矢田南5丁目2−6

大曽根駅構内ミュープラット大曽根1階栄町方面 フロアマップ9番

☎052-908-5135

営業時間 10:00~21:00

 

 

 

iPhone11 画面割れ修理

みなさまこんにちは!

あいプロ名古屋大曽根駅前店でございます。

 

本日は、名古屋市北区よりお越しいただきましたお客様のiPhone11を修理させていただきました!

ご相談内容としましては、「誤って落としてしまい画面が割れてしまって動かなくなってしまった・・・」とのことでした。

 

お持ち込みいただいた時の状態がこちら!

画面の中心から下にかけて大きくひび割れが入っている状態ですね。

 

画面割れが引き起こす不具合の症状としては、

・タップが反応しない

・勝手にタップされる

・画面が映らなくなる

・液晶に黒い染みや線が入る

・起動しなくなる

など、様々不具合を誘発する危険がございます。

 

よく画面が割れたままスマホを使い続けている人を見かけますが、これもあまりいいことではありません。

というのも、画面が割れているということは、タッチパネルのガラスが割れているということ。

この割れたガラスの破片がフロントガラスの下にある液晶を突き破り、内部にまで侵入してしまうことで、

内部パーツであるバッテリーや基板などを傷つけて損傷させてしまうことで、本来であれば画面修理だけで済んでいたものを、

バッテリー交換やその他の内部パーツの交換、はたまた基盤の修理まで必要になるケースもございます。

こうなってくると新品を買った方がいいぐらいの修理費用となってしまうので、画面が割れたら早急に修理店へと持ち込まれることをおススメいたします!

 

また、画面が勝手にタップされてしまう不具合が生じてしまうと、再起動時のパスコードの解除画面で、勝手にパスコードを入力されてしまい、

挙句の果てには、10回間違えられて初期化せざる負えなくなる危険もございます(´;ω;`)

画面ロックを設定していなくても、インストールしてある通販アプリなので勝手に買い物をされてしまう可能性も(@ ̄□ ̄@;)!!

 

こうしたように、画面割れには怖い諸症状がたくさんございます!

今普通に使えるからと言って明日!いや30分後に使える保証はどこにもありません!!

割れてしまったら早急に修理されることをお勧めします!

 

iPhone11 修理手順

1:画面を取り外す

まず分解修理をするにあたり画面を取り外します。

iPhoneの画面は、ライトニングコネクタ挿入口の両サイドにあります2つのネジによって本体フレームと固定されているので、これを外します。

この2つのネジは、ネジ穴の形状が星形と特殊な形状になっておりますので、その形状に合わせた特殊ドライバーが必要になります。

普通のプラスドライバー等、形状の異なるドライバーで取り外そうとすると、ネジ穴が潰れてしまい、画面が取り外せなくなる可能性があるので注意です!

ネジを取り外したら、ヘラを画面とフレームの間に入れ込み、少しだけ画面を浮かせます。

画面とフレームの間の四隅には、防水/防塵パッキンが張り付けられており、このパッキンが非常に念背のあるものでして、

画面とフレームをいい感じに接着しています。

画面を開くときに、粘着によって抵抗がありますが、そのまま力ずくで開こうとすると、液晶に負荷が掛かり破損してしまうリスクがあるので、

指の爪を隙間に入れ込み、スライドさせてパッキンの粘着を断ち切っておいてから画面を開くようにしましょう!!

画面が開けたら次に、画面をフレームから分離させます。

現状は、画面側のケーブルコネクタが本体基板側に接続されているので、まずはこれを外しましょう!

このコの字プレートが画面側からのコネクタを覆っているので、これを取り外します。

取り外すとこんな感じ♪

画面側から接続されていたコネクタの下側に、L型プレートがあるのが分かりますでしょうか。

この下にはバッテリーのコネクタが隠れているので、プレートを取り外してバッテリーのコネクタを外します。

※本来であれば、バッテリーのコネクタを一番最初に外してから、その他のコネクタを外す必要がございます。

というのも、まず前提として、iPhone内の各コネクタは動作の為の電力を供給する部分です。

 

そして、バッテリーのコネクタが接続されていると通電状態となり、この通電状態のままその他のコネクタの取り外しや接続を行うと、

各パーツへと電力供給をコントロールしている基板に負荷が掛かり、ショートを引き起こしてデータが消えたり、起動不良に陥ってしまう恐れがございます。

なので、必ずバッテリーのコネクタを外してからその他のコネクタを外すようにしましょう!

 

 

2:スモールパーツの取り外し

続いて、取り外した画面に付いているスモールパーツを取り外していきます。

取り外すパーツは1つ。

イヤースピーカーケーブルです。

このイヤースピーカーケーブルには、文字通りのイヤースピーカー(通端の相手の声やステレオスピーカー)だけでなく、

近接センサーや環境光センサーも一体化となったパーツになります。

 

近接センサーは、通話時に端末を顔に近づけることで、画面が暗転し、頬や耳で画面を誤タッチするのを防いでくれるセンサーです。

環境光センサーは、周囲の光を感知することで、画面の明るさを自動調節してくれる機能です。(設定による)

 

このイヤースピーカーケーブルは新品パネルには付いていないので、元の画面より移植してくる必要がございます。

※通話時、相手の声が聞こえないなどの不具合で、イヤースピーカーの交換は可能ですが、ここを交換してしまうとfaceいDが使えなくなってしまうのでご注意を!

取り外し方は、スピーカー部分はネジ3つで固定されているだけです。

 

各センサーパーツは画面側の凹凸にはめ込まれるような形で設置されているので、ヘラなどで掘り起こして取り外す必要がございます。

ただ、このセンサーパーツは非常に脆く繊細なパーツですので、もしご自身で修理される場合は、慎重に取り外しを!

  

取り外しに成功したら、新しいパネルに取り付けます。

 

3:防水パッキンの取り付け&動作確認

続いて、本体フレーム側の四隅に防水/防塵パッキンの取り付けを行います。

この青いやつが防水/防塵パッキンです。

ただ、パッキン部分は四隅の黒い部分のみで、青い部分は剥がしとってしまうので、そのまま残しておかないように注意です!

 

そしたら、パネルを仮付けし起動させて動作確認を行います。

問題が無ければ、完全に組み立てて修理完了です!!

 

 

 

最後に

あいプロでは、画面修理だけではなく、バッテリー交換や充電不良、水没復旧など様々な故障にご対応しております。

また、iPhoneの他にも、iPad、androidやゲーム機など様々な機種が修理可能ですので、修理のご依頼やご質問等ございましたら、

いつでも気軽にお問い合わせくださいませ👍

☎052-908-5135

営業時間 10:00~21:00

  • iphone 修理
  • iphone 修理
  • iphone 修理