iPhone・Androidなどスマートフォン(スマホ)の画面破損・画面割れ修理なら業界最安級のiPhonePro【あいプロ】にお任せ!

トラブルに関する記事をチェック!

iPhoneお役立ち情報

iPhoneProからのお知らせ

6 6S 6S Plus 7 7 Plus 8 Plus iPhone SE X XR XS XSMax お知らせ カメラ ガラスコーティング データは残したまま トラブル リンゴループ 価格ご案内 修理 修理店探し 即日修理 水没 6 Plus

【iPhone カメラ 修理】富山県内でiPhoneのカメラ修理してくれるお店調べてみた!!

投稿日:2021年7月3日 更新日:

デジプロ×あいプロでは、富山で最高級品質のアイフォン修理が出来ます。
データを消さずに!画面割れ修理・バッテリー交換修理・その他修理が可能です。
 富山でアイフォンの修理をするなら「デジプロ×あいプロ」にお任せ下さい。

デジプロ×あいプロ ファボーレ富山店
〒939-2716
富山県 富山市婦中町下轡田165-1


☎ 076-461-5699
朝10時から夜は21時まで営業中!!

map

あいプロ公式ラインでのお問い合わせはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

デジプロ×あいプロのネットショップオープンしました!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


みなさんこんにちは。デジプロ×あいプロ ファボーレ富山店です。

7月に入りだんだん暑い日が増えてきましたね:(;゙゚’ω゚’):

夏はiPhoneなどスマホの故障率が高くなる傾向にあります。

その中でも夏場に多いのが水没やバッテリーの膨張。

あとカメラの故障です。

最近のiPhoneのカメラはとても高性能になっていて最近ではなんでもiPhoneのカメラで撮るなんて方も増えてきています。

そんなiPhoneのカメラなのですが、性能が良く普段から使用頻度が高いと故障のリスクもあります。

iPhoneのカメラの故障には幾つかあります。

・カメラ本体の故障

・カメラレンズ割れ

・カメラに衝撃が加わり故障した

などなどカメラ故障は幾つかあります。

iPhoneのカメラが使えないのは最近ではかなり致命的になります。

ではiPhoneのカメラの修理はどこですればいいのか!?

どうなったら故障でどうしたら直るのか?

それらを今回のブログではご紹介していきたいと思います。

そして富山県内にあるiPhone修理店とも比較しながらご紹介していきます。

ではまずはiPhoneのカメラ故障や故障原因について見ていきましょう。

iPhone アウトカメラ故障

iPhoneのカメラはアウトカメラ、インカメラとありますが画面が割れて影響が出るのはインカメラですが落としたりした時に壊れやすいのはアウトカメラの方です。

最近発売しているiPhoneシリーズではアウトカメラが背面パネルよりも大きく飛び出していて、iPhoneケースをつけていても背面から落とした時に傷がついたりアウトカメラレンズが割れてしまったりします。

そのためiPhoneのアウトカメラはダメージを受けやすくなっています。

その分やはり故障する確率も増えます。

特にアウトカメラレンズはかなり割れやすいです。

ではアウトカメラはどうなってしまったら故障なのか・・・

それをご紹介していきます。

アウトカメラ故障

iPhoneについているアウトカメラは意外と振動などに弱く、よく落としたりする人やバイクや自転車に取り付けてナビ代わりにしている人は要注意です!!

自転車やバイクは振動も多く、そこにずっと取り付けて走っているとアウトカメラの基盤が故障してフォーカスが合わなくなってしまったり、ずっとカメラが揺れている現象になります。

アウトカメラの基盤が壊れてしまうともはや普通にカメラを使うことは難しくなります。

最悪の場合にはそもそも起動しなくなってしまったり、起動しても何にも映らないなどのトラブルが起きます。

さらに振動だけではなく外部的な故障もあります。

iPhoneを落としたりして背面から落ちてしまうと最近のiPhoneのアウトカメラは飛び出ているためアウトカメラレンズが割れます。

このレンズで間も割れればいいのですがアスファルトやゴツゴツした場所に落としてしまうとアウトカメラレンズを突き破り、アウトカメラ本体にまで傷ができてしまいます。

そうなってしまうとアウトカメラ本体に傷ができてしまうため白く滲んでしまったり、モヤがかかったみたいになってしまいます。

このように内部的、外部的にアウトカメラが壊れる場合があります。

アウトカメラレンズ故障

アウトカメラレンズは先ほどのアウトカメラ故障の時にも例を挙げましたが、アウトカメラレンズは意外と割れやすいです。

当店でのiPhone7〜12シリーズまでどの機種もご相談、修理を実際に承っています。

その中でもダントツに割れやすいのがiPhone11です。

修理件数、相談件数ともにiPhone11は意外と多いです。

インカメラ故障

iPhoneのインカメラはフロント画面の上部に位置しています。

ホームボタンがある機種に関しては構造上パネル側に付いていて、ホームボタンのないiPhoneXなどの機種では本体側に付いています。

このことからホームボタンのある機種ではインカメラの故障リスクが少し上がります。

その理由の1つに、画面側に付いているのが主な原因です。

写真を見ていただくとわかりやすいのですが、

この「リペア君」が指を差している位置にインカメラがあります。

そのため画面の上部が割れたり破損してしまうとインカメラが近いためそれらのケーブルを傷つけてしまう場合があります。

そうなってしまうとインカメラは使えなくなってしまいますm(_ _)m

またiPhoneXなどホームボタンがないシリーズではインカメラが本体側についているためホームボタンがある機種に比べたらインカメラは傷付きにくいですが、それでも画面の上部が破損してしまうと、傷付く可能性はあります。

iPhoneXなどホームボタンのない機種に関しては、Face IDなどもありますので上部のセンサー類やインカメラなどが壊れてしまうとFace IDの機能が失われてしまいます。。。

そしてそれらが壊れてしまうと例えばインカメラが壊れてしまい修理してインカメラが直ったとしてもFace IDが使えないということもあります。

なのでiPhoneのシリーズによっては一度インカメラが壊れてしまうと修理をしても完全復活!!といかない場合があります(T . T)

iPhone カメラ修理

ではiPhoneのカメラ修理についてご紹介していきます。

iPhoneのカメラ修理であれば当店で修理可能です。

インカメラ、アウトカメラ、アウトカメラレンズの修理対応できます。

iPhone カメラ修理作業時間

インカメラ 15〜30分
アウトカメラ 20〜30分
アウトカメラレンズ 20〜45分

当店でのカメラ類の修理時間は大体このくらいの時間です。

基本的にiPhoneを一度分解しないと交換などは行えないため、大体このくらいの時間がかかります。

ただしインカメラのiPhoneXなどホームボタンのない機種によっては少し時間がかかる可能性があります。

アウトカメラレンズも同様に早く剥がれる場合もあれば頑固に剥がれない場合もあります。

なので早く剥がれる時は15分くらいで終わりますし、頑固な場合には45分くらいかかる場合があります。

では実際、他店舗などの修理価格などを比較しながら見ていきましょう!!

iPhone カメラ修理価格 周辺店舗比較

今回はいくつか機種を絞ってご紹介いたします。

iPhone7

iPhone7は2016年に発売された機種で発売から5年が経っている今でも人気機種で現役でバリバリ使っている人も少なくありません。

バッテリー交換などをして使っていればまだまだ使える機種です。

デジプロ×あいプロ 富山店

インカメラ ¥6,500円(税込)
アウトカメラ ¥8,000円(税込)
アウトカメラレンズ ¥5,000円(税込)

 

修理店 A

インカメラ ¥5,800円(税込)〜
アウトカメラ ¥7,800円(税込)
アウトカメラレンズ 記載なし

 

修理店 B

インカメラ ¥7,000円(税込)〜
アウトカメラ ¥10,000円(税込)
アウトカメラレンズ ¥7,000円(税込)〜

 

修理店 C

インカメラ ¥7,500円(税込)〜
アウトカメラ ¥12,500円(税込)〜
アウトカメラレンズ ¥5,000円(税込)〜

 

iPhone8

2017年に発売したiPhone8。今はこのiPhone8と同じ大きさ見た目で発売してるiPhone SE(第2世代)が主流ですが今機種もかなり人気が出ました。

この機種から背面がガラス質になりワイヤレス充電も対応になり、この頃のiPhoneは新機能がどんどん搭載されていました。

iPhone8までは1つカメラですが、iPhone8Plusに関してはデュアルカメラで2つカメラになりました。

デジプロ×あいプロ 富山店

インカメラ ¥6,900円(税込)
アウトカメラ ¥14,000円(税込)
アウトカメラレンズ ¥5,000円(税込)

 

修理店 A

インカメラ ¥6,800円(税込)〜
アウトカメラ ¥14,800円(税込)
アウトカメラレンズ 記載なし

 

修理店 B

インカメラ ¥7,000円(税込)〜
アウトカメラ ¥12,000円(税込)〜
アウトカメラレンズ ¥7,000円(税込)〜

 

修理店 C

インカメラ ¥8,000円(税込)〜
アウトカメラ ¥13,000円(税込)〜
アウトカメラレンズ ¥5,000円(税込)〜

 

iPhoneX

2017年に発売したiPhoneX。AppleのiPhone発売から10周年を記念して発売された機種です。

iPhoneXからホームボタンが廃止され発売当初は衝撃でした。

iPhoneXになってからカメラ性能も格段に上がってきて新機能としてポートレートモードでのカメラ撮影が可能になりました。

デジプロ×あいプロ 富山店

インカメラ ¥7,500円(税込)
アウトカメラ ¥14,500円(税込)
アウトカメラレンズ ¥6,000円(税込)

 

修理店 A

インカメラ ¥9,000円(税込)〜
アウトカメラ ¥15,000円(税込)
アウトカメラレンズ ¥9,000円(税込)〜

 

修理店 B

インカメラ ¥8,500円(税込)〜
アウトカメラ ¥15,500円(税込)〜
アウトカメラレンズ ¥8,500円(税込)〜

 

修理店 C

インカメラ ¥7,800円(税込)〜
アウトカメラ ¥14,800円(税込)〜
アウトカメラレンズ ¥7,800円(税込)〜

 

iPhone11

2019年に発売したiPhone11。

今までのディアルカメラとは違い、レンズが別々になっています。

そして背面パネルから大きく飛び出している分、落としたりした時に割れてしまうリスクが高くなります。

 

デジプロ×あいプロ 富山店

インカメラ ¥11,800円(税込)
アウトカメラ ¥16,000円(税込)
アウトカメラレンズ ¥6,000円(税込)

 

修理店 A

インカメラ ¥9,000円(税込)〜
アウトカメラ ¥16,800円(税込)
アウトカメラレンズ ¥9,000円(税込)〜

 

修理店 B

インカメラ ¥8,500円(税込)〜
アウトカメラ ¥15,500円(税込)〜
アウトカメラレンズ ¥8,500円(税込)〜

 

修理店 C

インカメラ ¥9,500円(税込)〜
アウトカメラ ¥17,800円(税込)〜
アウトカメラレンズ ¥9,500円(税込)〜

 

iPhone11Pro

2019年に発売したiPhone11Pro。

発売した当初はアウトカメラの見た目からタピオカカメラと言われていました。

アウトカメラがとても特徴的なトリプルカメラ!!!!

この機種から超広角撮影が可能になり、今までよりも広い視点での撮影が可能になりました。

 

デジプロ×あいプロ 富山店

インカメラ ¥11,800円(税込)
アウトカメラ ¥16,000円(税込)
アウトカメラレンズ ¥6,000円(税込)

 

修理店 A

インカメラ ¥9,000円(税込)〜
アウトカメラ ¥16,800円(税込)
アウトカメラレンズ ¥9,000円(税込)〜

 

修理店 B

インカメラ ¥8,500円(税込)〜
アウトカメラ ¥15,500円(税込)〜
アウトカメラレンズ ¥8,500円(税込)〜

 

修理店 C

インカメラ ¥9,500円(税込)〜
アウトカメラ ¥17,800円(税込)〜
アウトカメラレンズ ¥9,500円(税込)〜

 

ここまでiPhoneのカメラ修理価格の比較をしてきました。

いかがでしたでしょうか!?

iPhoneのカメラは性能がよくなっている分修理価格も徐々に上がってしまっています。

ただ今ではiPhoneのカメラが使えないことは生活の上でかなり支障があると思います。

なのでもしもiPhoneのカメラが壊れてしまったら当店にお気軽にご相談ください。

では実際にiPhoneのカメラを修理している様子をちらっとお見せします👀

iPhone カメラ修理

まずは修理件数の多いアウトカメラレンズの修理からお見せします!

意外とiPhoneを修理しているところを見る機会はないと思いますので気になっている方は少なくないと思います。

iPhone アウトカメラレンズ修理の様子

この機種はiPhone11です。

2つのアウトカメラがあるのが特徴的です。

iPhone11の場合特に上に付いているアウトカメラのレンズが割れて修理のご相談に来る方が多いです。

アウトカメラレンズの修理時間は、スムーズにガラスが剥がれれば15分くらいで終わりますが頑固にくっついている場合には30分くらいかかってしまうことがあります。

写真でもわかるようにレンズの端っこの方が割れてしまっています。

これがひどくなると端末内にホコリやゴミなどが入り込みカメラレンズだけではなく、本体自体にも影響が出ます。

なのでレンズが割れているだけであまり気にしてない人も少し気にしてみてください。

アウトカメラレンズの修理の手順はまず割れているレンズを慎重に剥がします。

剥がし終わったのがこちら。

ぽっかりと穴が空いています。

そして割れたレンズが取れたら貼り付ける準備です。

レンズを剥がしたあと新しいレンズを貼り付けるためにレンズの受けの部分を綺麗にします。

これをしっかり行わないと新しいアウトカメラ貼り付けた際に剥がれてきてしまいます。

そして貼り付け終わったアウトカメラレンズがこちら!!

アウトカメラレンズが割れていたんて嘘のように綺麗に直っています。

iPhone11のアウトカメラレンズ交換で税込6,000円になります。

またカメラ修理の際には端末クリーニングをオススメしています。

当店では端末クリーニングとして別途税込1,000円で端末内部に入り込んだホコリやゴミなどを分解時に綺麗に取り除きます。

アウトカメラレンズなどはアウトカメラが剥きでてしまうためアウトカメラ本体のレンズにホコリやゴミが付着します。

それらを新しいアウトカメラレンズ貼り付け前に綺麗にしてから貼り付けます。

これを行うことで写真に白くホコリやゴミが映り込まないようにします。

iPhone アウトカメラ修理の様子

iPhoneのアウトカメラは分解が必要になります。

一度本体を分解し故障しているアウトカメラを取り外し、新しいアウトカメラを取り付けます。

この時にもかなり慎重に行わないとアウトカメラのセンサーが壊れてしまったりします。

写真のように何もしていないのにカメラを起動するだけで映像がブレてしまっています。

アウトカメラが故障する原因はいくつかありますが、一番大きな原因としてはやはり落下などで強い圧力がかかってしまったのが原因だと思います。

基盤などに損傷がなければアウトカメラを交換すれば正常に動くようになります。

   

アウトカメラはこんな感じになっています。

このiPhoneXのアウトカメラは2つアウトカメラが付いていますが実は一緒にくっついています。

本来であればiPhoneの内部を見ることはないと思うのでなんかワクワクしませんか!?

こちらの写真はiPhone11Proです。

3つのアウトカメラが特徴的ですね。

通称タピオカカメラなんて呼ばれていました。

このアウトカメラもさっきのiPhoneXの時同様に3つ一緒に仲良くくっついています。

こんな感じでアウトカメラは修理しています。

iPhone インカメラ修理の様子

インカメラを修理するときは色々な場合が考えられます。

まずホームボタンが付いている機種のiPhoneではフロントパネル側にインカメラのケーブルが付いていて色々な役割があります。

【インカメラケーブルの役割】

・インカメラ

・環境光センサー

・近接センサー

・イヤースピーカー端子

・マイク

これらの役割があります。

そのためこれらに該当する故障内容の場合にはインカメラ故障だけではなくインカメラケーブルの交換で直るケースが多いです。

【環境光センサーの役割】

iOS デバイスは、環境光センサーを使って、周辺光の状況に応じて明るさの程度を調節してくれます。このセンサーは、暗いところでは明るさを抑え、明るいところでは引き上げます。明るさの自動調節機能はデフォルトでオンになっています。

明るさの自動調節がオンになっていると、光の当たり具合が変わるにつれて、デバイスの明るさの調節スライダが自動的に動きます。

明るさの自動調節機能は、「設定」>「アクセシビリティ」>「画面表示とテキストサイズ」でオン/オフを切り替えられます。明るさの自動調節の設定をリセットするには、「明るさの自動調節」をオフにしてからオンに戻してください。

簡単い説明すると今自分がいる環境にiPhoneが独自に判断してiPhone画面の明るさや色味を自動で認識してくれる機能です。

あまり意識して機能を使ったことがない人がほとんどだと思いますが意外と便利な機能です。

【近接センサーの役割】

『通話中の誤タッチ防止』の役割があります。 iPhoneで通話をする際iPhoneを耳に当てると画面が真っ暗になりタッチ操作ができない状態になります。 この耳に近づけるという行動で近接センサーが働き画面を暗転させているんですね。

みなさんiPhoneで電話するときに耳に近づけると暗くなるのはご存知ですか?

それは電話中に誤操作を防ぐため近接センサーが働き、画面が一時的に暗く操作できなくなります。

そしてまた耳から離れると画面は勝手に明るくなりいつも通り操作できるようになります。

【イヤースピーカー端子の役割】

イヤースピーカーは電話の時などに相手の声が聞こえるスピーカーです。

そのイヤースピーカーのパーツをインカメラケーブルに付いている端子から電気をもらって接続しています。

そのため一概にインカメラケーブルの故障なのかイヤースピーカー本体の故障なのか言えませんがどちらかの可能性が高いです。

インカメラケーブルはこんな感じのパーツです。

フロント画面側に付いていて取り外すとこんな感じで先ほど説明したセンサーなどが一緒になっています。

このインカメラケーブルは画面割れなどによって傷が付いてしまうとどこかしらが機能しなくなったりします。

なのでiPhoneの画面上部が割れている人は注意です!!!

まとめ

ここまでiPhoneのカメラについて色々とご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか!?

iPhoneの内部も見れて新鮮だったのではないでしょうか!?

またiPhoneのカメラが壊れても落ち込まず、当店にご相談ください。

このブログでもご紹介した通り修理をすれば直せます!!!

ただ、修理するにも破損してから時間が経ちすぎていたり、そもそもiPhoneのカメラ以外にも異常や故障がある場合にはそれらも修理が必要な場合があります。

なのでiPhoneのカメラが少しでも不調と感じましたらすぐにご相談ください。

iPhoneのカメラに関しては修理パーツを基本時在庫していないことの方が多く、入荷までに最短で1日〜2日程度お時間をいただきます。

修理パーツが入荷すれば修理自体はすぐに終わります。

アウトカメラレンズに関しては基本的に修理パーツを在庫しています!!

そのためiPhoneのアウトカメラレンズが割れてしまった際にはご来店いただければすぐにご対応いたします。

ガラスコーティングのお知らせ!!

当店ではiPhone修理以外にもガラスコーティングを行っております。

ガラスコーティングとは・・・

ガラスコーティングはフィルムと違い、化学反応を用いて特殊な層を直接塗り重ねますので、保護フィルムでは実現できない多くのメリットが得られます。

貼り付けるタイプの画面保護ではなく、塗るタイプの新しい画面保護です!!

ガラスコーティングの効果

・キズつきにくく、割れにくくなります。
・タッチの感度がよくなり操作性がUP。
・明るくなり発色もよくなります。
・光触媒作用による抗菌効果によって、菌の増殖を抑えます。
・コーティングすることで、指紋などの汚れがつきにくくなります。

 

iPhoneの画面保護フィルムなどは色々なところで売っていますがAndroidスマホの画面フィルムを売っているお店は少ないです。

またiPhoneでのAndroidスマホでも自分で貼り付けて失敗した経験はありませんか!?

ガラスコーティングならそんなことはありません!!

特にゲームをする方にはぴったりです!!

ご来店してすぐにガラスコーティングできますのでお気軽にお立ち寄りください!


デジプロ×あいプロ ファボーレ富山店
ファボーレ富山 2階

☎ 076-461-5699

修理価格はをクリック

あいプロ公式ラインでのお問い合わせはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

  • iphone 修理
  • iphone 修理
  • iphone 修理