iPhone・Androidなどスマートフォン(スマホ)の画面破損・画面割れ修理なら業界最安級のiPhonePro【あいプロ】にお任せ!

トラブルに関する記事をチェック!

iPhoneお役立ち情報

iPhoneProからのお知らせ

Android ZenFone データは残したまま バッテリー 修理 5Z

【ZenFone 修理 名古屋】ASUS Zenfone5Zのバッテリー交換&アウトカメラ交換♪ android修理は、市内最安値級のあいプロ名古屋大曽根駅前店へお任せください!!

投稿日:

皆さんこんにちは!

愛知県名古屋市の大曽根駅(ミュープラット大曽根)1階

ダイソーさんの目の前にあります(^^)

iPhone/ipad/Nintendo Switch(ゲーム機など)/Android/タブレットなど

スマートフォン/ゲーム機を修理できるお店

あいプロ名古屋大曽根駅前店です♫

名城線や中央本線、瀬戸線をご利用の方、大曽根駅周辺、東区、北区、守山区、千種区、天白区、春日井市方面にお住まいの方

あいプロ名古屋大曽根駅前店なら、データはそのまま即日修理可能です!

液晶修理の保証は5年、バッテリーは3ヶ月保証!

地域最安価格で年中無休営業、10時〜21時まで営業しております。

あいプロ名古屋大曽根駅前店

〒461-0048

愛知県名古屋市東区矢田南5丁目2−6

大曽根駅構内ミュープラット大曽根1階栄町方面 フロアマップ9番

☎052-908-5135

営業時間 10:00~21:00

 

 

 

ZenFone5Z バッテリー交換

みなさまこんにちは!

あいプロ名古屋大曽根駅前店の店長でございます。

 

本日は、名古屋市よりお越しいただきましたお客様の

ASUS ZenFone5Z を修理させていただきましたので、ご紹介していきたいと思います。

お客様からのご相談内容としましては、「バッテリーが一日はおろか、半日使用しただけで70%以上減ってしまう・・・」

とのことでございました。

 

午前中のみの使用で70%の減りは相当劣化している状態となりますね。

Zenfone5Zの発売日は、2018年の6月ですので3年と2カ月が使用期間となります。

スマートフォンのバッテリーの寿命は大体2年~3年と言われておりますので、順当な劣化状況とも言えます。

2年~3年というのはあくまでも標準的な使用の場合で、使用環境によって寿命期間は異なります。

ゲームをよくされる方であったり、充電しながらの使用、炎天下での使用等、発熱を大きく与える使い方を日々されると

その分バッテリーの寿命も早まります。

 

ただそれにしても午前中だけで70%減るというのは凄まじい減りですので、早速交換をしていきましょう♪

 

1:バックパネルを取り外す

Androidスマホには分解方法が2パターンございまして、iPhoneのように画面側から分解していくタイプのものと、

バックパネル側から分解していくタイプの2種類です。

今回のZenfone5Zはバックパネル側から分解していくタイプになりますので、バックパネルを取り外していきます。

 

バックパネルは本体フレームと接着シールによって強力に接着されているので、まずはこれを剥がしていきます。

普通に剥がそうとしても絶対に剥がれないので、まずは熱を加えて接着力を弱めていきます。

ヒートガンを使い接着部分に熱を加えてたら、ヘラをバックパネルと本体フレームとの間に差し込みます。

そして、差し込んだ時にできた隙間にトランプを入れ込みます。

このトランプを使って接着を断ち切り剥がしていきます。

Zenfone5zのバックパネルの色は内側より塗装がされているのですが、ここを剥がすのにヘラを使用すると

裏の塗装が剥げてしまい不格好になってしまいます。

それを少しでも防ぐために、薄く柔らかいトランプを使用します。

 

全ての辺の接着を断ち切り剥がすことができましたら、バックパネルを取り外していきます。

※今はまだこの状態だとバックパネルに取り付けられた指紋認証のセンサーケーブルが本体基板と接続されているので

それを知らずバックパネルを取り外そうとすると、センサーケーブルの断線に繋がりますので注意です!!

ただし、今この状態ではまだセンサーケーブルのコネクタが見えないので一旦、バックパネルを下にずらしておきます。

そして、メイン基板を保護しているカバープレートを取り外します。

カバープレートはネジで固定されているだけですので容易に取り外すことができます!!

そしたら、バックパネルを左側へと開き、バッテリーのコネクタを一番最初に外してから、指紋認証ケーブルのコネクタを外します。

これにてバックパネルの取り外しが完了しました(‘◇’)ゞ

 

2:バッテリーの取り外し

続いて、下のサブ基板のカバープレートを取り外します。これもまたネジで固定されているだけです。

そして次に、メイン基板とサブ基板を接続しているケーブルを外しましょう!!

バッテリーの上に配線されているため、これを取り外さないと物理的にバッテリーを取り外すことができません。

 

そしたら、ヘラをバッテリーの右サイドもしくは左サイドから差し込みバッテリーを剥がしていきます。

※注意点は、バッテリーの中央部分より少し右側にディスプレイのケーブルが配線されておりますので、

余りヘラを奥まで入れ込みすぎてしまうとケーブルを損傷させてしまいますので注意です。

 

また、ヘラをゴリゴリと下へ擦りつけてしまうと、その下には画面が存在しているので液晶損傷などにつながる恐れがあるのでこれも注意です。

 

バッテリーを取り外せたら、新品のバッテリーを仮付けし起動させ、動作確認をします。

起動や充電に問題が無ければ、再度取り外しバッテリーの裏に両面テープを貼り付け本体フレームに取り付けます。

 

最後、バックパネルを閉じる前にフレームの四隅にB7000という接着剤を塗布してからバックパネルを閉じます。

 

クリップなどで30分ほど圧着させたら修理完了となります!!

 

 

アウトカメラ交換

今回はバッテリー以外にもう一つ、ご相談をいただいておりまして、

その内容は、「ピントが上手く合わない・・」というものでございました。

たしかにカメラの動作を確認してみるとうまくピントが合ってくれません。

オートフォーカスもそうですが、単純にピントを合わせたいところをタップしても正常にピントを合わせてくれない状態です。

このままでは思い出を綺麗な状態で記録することができないとのことでしたので、今回はバッテリー交換のついでに

アウトカメラの交換もさせていただきました!!

カメラのピントが合わない原因としては、

・カメラアプリの不具合

・ソフトウェア(OS)の不具合

・カメラパーツの不具合

に分けられます。

 

それぞれ対処方法が異なりまして、カメラアプリの不具合の場合は、一度端末の電源を落とし再起動させることによって

改善が見込める場合がございます。

 

ソフトウェアの不具合の場合は、端末を一度初期化することで改善が期待できます。

 

再起動、初期化を行っても改善が見込めない場合は、カメラパーツの不具合と思われるので、カメラパーツの交換を行います。

 

今回は事前にお客様の方から電話にてピントが合わない不具合の旨をお伺いしておりましたので、再起動と初期化を試していただき

それでも改善がされないとのことでしたので、カメラパーツの交換をさせていただきました!!

アウトカメラの交換手順としましては、バックパネルとメイン基板を保護しているカバープレートを取り外し、

基板に接続されているコネクタ類をすべて外します。

 

次に、SIMトレイの抜きます。

※AndroidやiPhoneに限らず、基板を本体から取り外すときはSIMトレイを必ず抜いておきます。

SIMトレイを抜いておかないと基板が取り外せないので注意です。

あとは基板を本体フレームに固定させているネジを外せば基板を取り外すことができます!!(‘◇’)ゞ

アウトカメラ自体は基板の表側に存在しているのですが、コネクタの接続部分は基板の裏側に配置されておりますので、基板を取り外す必要があるのです。

 

最後に新品カメラパーツを取り付けて一度仮組みをし、カメラの動作を確認します。

 

今回はカメラパーツを交換したことによってピント調整の動作が正常に戻ったのを確認が取れました!!

 

 

 

 

 

最後に

あいプロでは、バッテリー交換だけではなく、画面修理や水没復旧、充電不良など、様々な故障にご対応しております。

また、androidの他にも、iPhone、iPadやゲーム機など様々な機種が修理可能ですので、修理のご依頼やご質問等ございましたら、

いつでも気軽にお問い合わせくださいませ👍

☎052-908-5135

営業時間 10:00~21:00

 

 

  • iphone 修理
  • iphone 修理
  • iphone 修理