iPhone・Androidなどスマートフォン(スマホ)の画面破損・画面割れ修理なら業界最安級のiPhonePro【あいプロ】にお任せ!

トラブルに関する記事をチェック!

iPhoneお役立ち情報

iPhoneProからのお知らせ

Android HUAWEI データは残したまま バッテリー 修理

【Huawei 修理 名古屋】Huawei MediaPad M3 Lite (CPN-L09)のバッテリー交換! Androidタブレット修理も名古屋市最安値級!! あいプロ名古屋大曽根駅前店

投稿日:

皆さんこんにちは!

愛知県名古屋市の大曽根駅(ミュープラット大曽根)1階

ダイソーさんの目の前にあります(^^)

iPhone/ipad/Nintendo Switch(ゲーム機など)/Android/タブレットなど

スマートフォン/ゲーム機を修理できるお店

あいプロ名古屋大曽根駅前店です♫

名城線や中央本線、瀬戸線をご利用の方、大曽根駅周辺、東区、北区、守山区、千種区、天白区、春日井市方面にお住まいの方

あいプロ名古屋大曽根駅前店なら、データはそのまま即日修理可能です!

液晶修理の保証は5年、バッテリーは3ヶ月保証!

地域最安価格で年中無休営業、10時〜21時まで営業しております。

あいプロ名古屋大曽根駅前店

〒461-0048

愛知県名古屋市東区矢田南5丁目2−6

大曽根駅構内ミュープラット大曽根1階栄町方面 フロアマップ9番

☎052-908-5135

営業時間 10:00~21:00

 

Huawei MediaPad M3 Lite (CPN-L09) バッテリー交換♪

みなさんこんにちは!

あいプロ名古屋大曽根駅前店の店長でございます。

 

本日は、名古屋市からお越しいただきましたお客様の

Huawei MediaPad M3 Lite (CPN-L09)を修理させていただきましたので、ご紹介していきたいと思います!

お客様からのご相談内容といたしましては、「日頃からバッテリーの持ちには不満を持っていたが、ここ最近は

1,2時間の使用で半分近くのバッテリーが消耗してしまう・・・」とのことでございました。

 

Huawei MediaPad M3 Lite (CPN-L09)が発売されたのは2017年の8月末で、発売当初から使用していれば4年間の使用となります。

※ただ、こちらの端末は中古品として購入したものらしく、今回のお客様の使用期間は1年ほどなんだそうです・・

GEOやイオシスなど大手の中古スマホ販売業者だとしっかりと使用期間やバッテリーの状態などの確認が入り

売り出されている店頭ディスプレイにはしっかりとその旨の明記がされているので安心なのですが、

 

今回のお客様は、フリマアプリでこのタブレットを購入されたのでことで、端末の劣化状況などが把握できなかったそうです。

フリマアプリで購入されるときは、出品者さんに使用期間とバッテリーの状態を確認することをおススメいたします!!

 

それではさっそくバッテリー交換を始めて参りましょう!!

 

1:画面を開く

Android端末に関しましては、分解方法が2種類ございます。

画面側から分解していくタイプと背面(バックパネル)から分解していくタイプの2つです。

今回のHuawei MediaPad M3 Lite (CPN-L09)に関しましては、画面側から分解していくタイプの物となりますので、まずは画面を開いていきます。

 

その画面は本体フレームの4辺との間に設置された接着シールによって強力に接着されているのでまずはこれを剥がしていきます。

ヒートガンという家庭用ドライヤーの強化版の道具を使用し、接着部位を温めて接着を弱めます。

 

次に、ヘラを画面と本体フレームとの間に入れ込み、ヘラの厚み分の隙間を作ります。

そして出来た隙間にトランプを入れ込み、このトランプを使用して接着部位を断ち切っていきます。

全ての辺の接着を断ち切ることができましたら、画面を開いていきます。

ディスプレイのケーブルが本体基板と接続されておりますので、画面を本体から離しすぎないように注意です!

 

2:画面を取り外す

そしたら次に、バッテリーのコネクタを外していきます。

早く画面を取り外したい気持ちも山々なのですが、このバッテリーのコネクタが接続されたままですと、通電状態となりまして

その状態のまま他のコネクタの接続や解除を行うと、パーツ全体への電力コントロールを行っている基板に負荷が掛かり

最悪の場合故障してしまい、起動しなくなったりデータが消えてしまったりする恐れがございます。

 

バッテリーのコネクタは、バッテリー上部から左側へと伸びているオレンジ色のケーブルです。

その先にあるのがバッテリーのコネクタになるので、外していきましょう!

  

このバッテリーのコネクタを外すときの注意点としては、必ず絶縁仕様の道具を使用すること!!

バッテリーのコネクタは電力供給部の大元になるので、ここを外すのに金属製など電気を通す道具を使用してしまうと

通電してしまい、これも同じくショートの危険がございます。

なのでプラスチック製やナイロンなどの道具を使用しましょう!!

 

続いて、ディスプレイケーブルを外していきます。

このディスプレイケーブルはバッテリーのコネクタとは違って、その上にカバープレートが覆われているので、

カバープレートを外してからコネクタを外す必要がございます。

とはいってもネジで固定されているだけですので、取り外しは容易です( ̄ー ̄)ニヤリ

  

これにて画面を取り外しが完了しました(‘◇’)ゞ

 

3:バッテリーの取り外し

続いて、バッテリーを取り外してまいります!

バッテリーは表裏に貼り付けられた接着シールによって固定されているので、まずはこれらを剥がしていきます。

まずは表の接着シールから!

千切れたり破れたりしないように、丁寧に慎重にヘラやピンセットなどを使用して剥がしていきます。

表側の接着シールが剥がせたら、今度はバッテリーごと裏の接着を剥がしてまいります。

ヘラを右サイドからバッテリーの下に入れ込み、優しく持ち上げながらゆっくりと接着を剥がしていきます。

ここでの注意点は2つ!

 

1つは、優しくバッテリーを持ち上げること。

バッテリーの下の接着は画面ほどではないにしろ非常に強力な接着です。

無理に力いっぱいバッテリーを持ち上げようとすると、ヘラでバッテリーに穴を開けてしまい、

発煙や発火、最悪の場合、爆発なんてこともあり得ます(@_@。

接着が強ければ無理に持ち上げようとせず、ヘラの先端に無水エタノールを付着させて、接着シール部分に塗布するように当てると

溶解して接着が弱まります!

また、背面からヒートガンで熱を加えて接着力を弱めるのも効果的です!!

 

2つ目はフレームのゆがみです。

基本的にヘラをバッテリーの下に入れ込んでフレームの利用して、てこでバッテリーを持ち上げていくわけですが、

これもまたむやみやたらに力いっぱいやってしまうと、ヘラの柄の部分でフレームを変形させてしまうことがあるので注意です!

 

全ての接着をはがせたら、バッテリーを取り外すことができます!!

※機種によってはバッテリーの下にケーブル類が設置されているものがあるので、

もしご自身で修理にチェレンジされる場合は、事前にWEBや動画なので端末の内部構造を把握させることをおススメいたします!

 

4:動作確認&組み立て

バッテリーを取り外すことができましたら、新たに取り付けるバッテリーを仮付けし一度起動させます。

・起動するかどうか

・充電が溜まるかどうか

・ヘリは正常かどうか

以上を確認し、問題が無ければ再度分解します。

そしたらバッテリーの裏に専用の両面シールを張り付けて本体フレームに固定させます。

※通常の両面テープですと粘着性はあっても伸縮性のが無いので、せっかく貼り付けても軽い衝撃などがあると剥がれてしまい

バッテリーが動いてしまうことで、コネクタ類の損傷につながりますので注意です!

 

最後、画面を閉じる前に、本体フレームの四隅に接着テープもしくは接着剤を貼り付け/塗布して画面を取り付けます。

クリップなどで30分程度圧着させたら、これにて修理完了です!!

 

 

 

修理内容 : Huawei MediaPad M3 Lite (CPN-L09) バッテリー交換

修理時間 : 1時間30分~2時間

修理料金 : 11,500円(税込)

 

 

 

最後に

あいプロでは、バッテリー交換だけではなく、画面修理や水没復旧、充電不良など、様々な故障にご対応しております。

また、androidの他にも、iPhone、iPadやゲーム機など様々な機種が修理可能ですので、修理のご依頼やご質問等ございましたら、

いつでも気軽にお問い合わせくださいませ👍

☎052-908-5135

営業時間 10:00~21:00

 

  • iphone 修理
  • iphone 修理
  • iphone 修理