iPhone・Androidなどスマートフォン(スマホ)の画面破損・画面割れ修理なら業界最安級のiPhonePro【あいプロ】にお任せ!

トラブルに関する記事をチェック!

iPhoneお役立ち情報

iPhoneProからのお知らせ

お知らせ

【iPhone修理 長野】iPhone6sPlusの画面交換!

投稿日:

あいプロ長野店では長野市内で最安値のiPhone(アイフォン)の修理を行っております。一番安い修理は当店で決まり!どこよりも早く安い修理でみなさん大満足です。画面の修理だけでなくバッテリーの交換や水没してしまったiPhone(アイフォン)の復旧なども得意としております。iPhone(アイフォン)が壊れてしまったらまずは当店へご相談くださいませ。

ロゴ2

あいプロ 長野店

長野県長野市三輪9丁目4324

イオンタウン長野三輪1階 ザ・ビッグ前

TEL: 050-5438-9100

メールnagano@iphonepro.co.jp

修理価格はをクリック

コンタクト4


みなさんこんにちわ!あいプロイオンタウン長野三輪店です!

イオンタウン長野三輪内 ザ・ビッグ食品売り場前にて、

本日も10:00〜20:00まで元気に営業しております!是非お気軽にお越しくださいませ!!٩( ‘ω’ )و

 

こんにちは!

あいプロ長野店です!!

この三連休は戸隠の宿屋を手伝っていたので寒さ耐性かなりつきましたね。

こっちに降りてきたら暖かくてしょうがないです。(笑)半袖でも十分ですね。(笑)

日曜日には雪もかなり降ってくれていい感じのゲレンデでしたよ!

セパレートスノーボードでもかなりいい感じでエッジが効いていましたし今回のスノーボードで僕の改善点と言いますか根本的な問題も見つかりました。

と言うのも足首がアホほど硬いんですね。昔から硬いのはわかってましたがこれほどとは…

平均的な男性の半分ほどしか曲がっていないそう。マジか!柔軟を半年はしっかりやってくださいと。嫌だよとほおっておいたそのツケが今かと思いましたね。

人の半分ならうまい具合にターンも出来ないわけですね(笑)柔軟頑張ります。

でもやっぱり、もっと滑りたいなぁ。もうこれからは雪も無くなって、今ある雪もドンドン解けていってしまいます。柔軟してる場合ではないのでは⁉

朝なんかもう全面凍結に等しいくらいです。

雪が降ってもアイスバーンの上に乗るので来るまでの移動は結構危なくなってしまいます。

滑りに行く前にスリップなんてことになりかねません。

チェーンを巻くなどの対策が必須になってきます。結構大変なんですよね。(笑)

対策さえしてしまえばなんてことはありません。

次はスキーにしないとゲレンデではお話にならないと思いますがね(笑)

さて、今回は本日修理しましたiPhone6sPlusのフロントパネル(画面)交換について書いていこうかなと思います。

まずはlightingケーブルの挿入口の両脇にある星ネジを二本外していきます。

次にヒートガンやドライヤーでiPhoneの縁を人肌より少し温かいくらいに温めていきます。

この時カメラは避けるようにしてください。ピントが合わなくなったり最悪の場合映らなくなってしまいます。

次に金属製の薄いヘラや専用の吸盤でフロントパネルを丁寧に外していきます。

ヘラでやる時は、ホームボタンから少しずつテコの原理で少しづつ開けていきます。

吸盤の場合もホームボタンの上あたりに貼り付けと優しく引っ張っていきます。ここは慎重にやらないとフロントパネルのパーツを全て破壊してしまいます。リスクはこっちの方があるので僕らは金属製のヘラでやっております。

次にバッテリーの端子を外します。

まずはブラケットシールドを外します。

プラスネジ二本とシールドですね。

そうしたらスパッチャー(プラスチック性のヘラ)で丁寧に外します。

先にこれを外さないとショートするなどしてロジックボード(基板)を破壊してしまう可能性があります。

そうしたら、フロントパネルやインダクション(インカメラ、イヤスピーカー)の端子などを外していきます。フレーム右上のにある正四角形のようなブラケットシールドを四本のネジを外して取り除いていきます。

そうしたら端子を三本外します。

端子は丁寧にやらないと使えなくなってしまう可能性があります。

そうするとフロントパネル側とフレーム、ロジックボード側に分かれたかと思います。

次にフロントパネルのパーツをと言いたいところですが

まだ、防水のシールが柔らかいうちにフレーム、ロジックボード側の防水のシールを取り除いていきます。ピンセットでチマチマ地味な作業ですがやっておくと後で楽、いや効率良くスムーズな作業になります。フロントパネルの交換の場合はフロントパネルに付いてる防水のシールは剥がさなくてもいいです。

いよいよ、フロントパネルのパーツを外していきます。

まずは、ホームボタンのところからですね。

プラスネジを二本外しブラケットシールドを取り除きます。

次にホームボタンの端子を外し、スパッチャーなどでいい感じに糊を外しながらホームボタンを外します。

次にインダクションなどですね。

まずはプラスネジを三本とブラケットシールド外します。

そうしたらイヤスピーカーは簡単に取れますのでまずはイヤスピーカーを外してください。

インダクションはiPhone6splusの場合ホームボタンと比べると外しづらいですが要領は同じです。スパッチャーなどの薄めのプラスチック製のヘラで丁寧に外していきます。

もし上手くいかない時はエタノールを付けたりインダクションの部分を画面側から少し温めてやるといいです。

ただ温めすぎはアウトカメラ同様に破壊の恐れがあるので注意してください。

これらが外れたらフロントパネルの裏にある大きなブラケットシールドをプラスネジを7本外して取り除きます。

これで古いフロントパネルから外すパーツは全て外れました。

次に新しいフロントパネルを用意します。

それから新しいフロントパネルにさっきの逆順でパーツを取りつけていきます。

まずは大きなブラケットシールドを七本のプラスネジで取りつけていきます。

次にインダクション等ですね。

糊の付いてるフィルムがあるのでこれを外しながらインダクションを正しい位置に置きます。

次にイヤスピーカーを正しい位置に置きます。イヤスピーカーはインダクションのゴム部分にハマるところがありますのでそこにい願いします。

そうしたら三本のプラスネジとブラケットシールドを取りつけていきます。

次にホームボタンですね。

まずはホームボタンの端子を取りつけて正しい位置にホームボタンを置きます。

それからブラケットシールドを二本のプラスネジで留めてください。

防水のシールがある方は貼っていただいて端子をバッテリー以外取り付けブラケットシールドを四本のネジで固定します。

次にバッテリーの端子を取りつけこちらもブラケットシールドを二本のネジで留めます。

これでフロントパネルをフレームにはめ込んだら交換終了です。

あ、星ネジの留め忘れにはご注意してください。

とまぁ、今回はこんな感じになります!

ではでは( ´Д`)ノ~バイバイ

皆様のご来店心よりお待ちしております!

あいプロ 長野店

長野県長野市三輪9丁目4324

イオンタウン長野三輪1階 ザ・ビッグ前

TEL: 050-5438-9100

メールnagano@iphonepro.co.jp

修理価格はをクリック

コンタクト4

※特に記載のない場合、修理金額は税込でございます。

※各部品への保証につきましては、注意事項がございます。詳しくは当店スタッフへお気軽にご質問ください。

※データに関してはお預かり前に全てを確認・把握することは不可能なため、データの保証については行なっておりません。ご心配な方は事前にバックアップをお願いいたします。

※ご好評のため各部品には限りがございます。事前にご確認頂けますと幸いです。

 

  • iphone 修理
  • iphone 修理
  • iphone 修理