iPhone・Androidなどスマートフォン(スマホ)の画面破損・画面割れ修理なら業界最安級のiPhonePro【あいプロ】にお任せ!

トラブルに関する記事をチェック!

iPhoneお役立ち情報

iPhoneProからのお知らせ

iPhone お役立ち ディスプレイ トラブル 修理 修理店探し

【スマホ 故障 大月】スマホが故障してしまった時どうしたらいいかをご紹介致します!

投稿日:2019年7月12日 更新日:

あいプロ甲府店は山梨の中でも一番お安くiPhoneやXperia、Galaxy、Nexusなどのスマホを修理できます。iPhoneは約30分、スマホなら1〜2時間程度でデータを消さずに修理ができます。もしも他の店舗のほうが安い場合には更にお安くさせて頂きます。iPad、3DS、VITAなども修理可能です。笛吹、甲府、石和、甲府昭和、南アルプス、富士吉田、甲斐、韮崎、北杜、甲州、大月、都留でiPhone&スマホの修理をするならあいプロで決まりです!

 

あいプロ 甲府店

〒406-0032 山梨県笛吹市石和町四日市場1745

ドン・キホーテ いさわ店1階

☎050-3187-4670

修理価格はをクリック

contact-4


こんにちは!あいプロ甲府店です!!

朝は小雨も舞っていましたが昼間から晴れて暑くなりましたね!!

湿気があってジメジメしていますので体調の管理などにはお気を付けください!

さて当店のブログではメインとしてスマホの修理に関して数種類の例をお届けしてきましたが、今回のこの記事ではその修理をする前の事前準備や、応急処置としてしたほうがいいことなどを症状別にご案内していきたいと思います!

まずはスマホやタブレットなどを修理するにあたってしておいたほうがいい事前準備からお届けしていきたいと思います!

あいプロ甲府店での修理をするにあたって、こちらでデータの初期化などをすることはありませんが、やはり本体を分解して作業をするという流れになりますので万が一ということも考えられなくはありません。

なので当店の修理をする際には可能であったらバックアップを取ることをおすすめします!もちろんバックアップがないからと行って修理ができないわけではありませんのでご安心ください!

バックアップを取る方法は端末によってことなるのですが、簡単にパターン分けでご紹介します!

まずはAndroid端末に多いものです。

Android端末はその特徴として外部保存メモリ(SDカードなど)を使うことができるというものがあります。なのでこちらに重要なデータを移しておけばもし本体内部のデータが消えてしまったとしても復元することが出来ますので安心ですね!

他にも各社の独自アプリケーションを使った外部へのバックアップ方法などもありますのでそちらを利用するのも非常に便利です!

とくにAndroidはGoogle手動のOSですのでGoogleとの連携が強く、それを使ったバックアップ方法などもありますね!Google Driveがその代表格かとおもいます!

最近ではこういったネット上へのバックアップも幅広く活用されていますのでこれを機会に使ってみるのもいいかと思います!なにより物が要らないので非常に手軽というのが一番の魅力ですね!

続いてはiPhoneなどのApple製品のバックアップについてです!

こちらのApple製品は基本的には外部メモリを挿入することは出来ませんのでその他の端末、またはネット上へのバックアップが基本となります。

端末へのバックアップはiTunesを使ったものが基本になりますね!

こちらは同じAppleがリリースするアプリケーションなのでバックアップをする際の工程などが非常にわかりやすく手軽にバックアップを取ることができるようになっています。

具体的にはお使いの端末をライトニングケーブルを使ってPCにつなぎiTunesを起動します。

するとiTunes内にスマホのマークが出ますのでクリックすると、スマホに関する詳しいデータがいろいろと表示されます。

内部保存データの種類別内訳やインストールされているアプリケーション一覧などがあります!

その中にバックアップと言う窓がありますのでそちらからバックアップする内容を自由に選んでいただいてあとは開始するを選択するだけです!

データのサイズによって少々時間はかかりますが、放置しておくだけなのでちょっと空いた時間にでもお試しください!

今回は修理をする上でのという事でご紹介しましたが、もちろんそうじゃないときでもバックアップをとっておくというのは非常に重要なことです!あのときバックアップさえ取っておけば……なんてことにならないように常日頃バックアップは取るように心がけておきましょう!

続いては症状別の修理前応急処置に関してです!

修理をするまではもちろん壊れたそのままの状態ですのでその間に更に症状が進まないように、致命傷にならないように応急処置をしておくのは非常に大事なことになります!

というわけで何例かご紹介していきます!

まずは画面割れです!

画面割れといってもその程度にもよるのですが、一本亀裂が走ったという程度のものでしたらそこまで気にする必要もありません。なるべく早く修理をするという認識で問題ないかと思います。

しかし何かに挟まれたりして全体がバキバキになっているものなどはガラス片が発生して危険でもあります。

なのでおすすめとしては割れたとき専用のフィルムを貼り付けたりということがあります。

スマホ用アクセサリーを販売する店舗などでしたら見かけることがあるものですのでお近くで購入も可能ですし、ガラス片の飛散を防止する効果も非常に高く、症状をそこでほぼストップさせることが出来ます。

もちろんさらに落としてしまったりすればそのかぎりではありませんが、応急処置としては十分な機能です。

もし買うのが面倒!という方は実はサランラップでも代用できちゃいます!

一周巻くと見た目的にはちょっとあれな感じになってしまいますが、案外丈夫ですし透明度も問題ないのでとりあえずの操作は出来てしまいます。

お値段もほぼゼロ円なのでお財布にも優しいですね!笑

特に画面に関しては非常に小さなガラス片が発生しますので思ったよりも危険です!一度刺さると透明なので見つけ辛く痛みもかなりのものですのでもし割れた際はこういった応急処置を必ずするようにしましょう!

つづいては水没したときの応急処置についてです!

こちらも非常に重症になる事が多く電子部品が水に濡れるということで危険性もある故障です。

まずは水没したな!と思った時に最初にしたほうがいいのは電源を切る!ということです!

兎にも角にも基盤の中に電気を通さないほうがいいのですぐに電源を切りましょう!切らずに使用を続けると重要な部分でショートが起きて再起不能に陥ると行ったケースもよくあります。

なのでこちらは最優先で行いましょう!

そしてなるべく触らずに風通しのいいところに置いておき修理へ持ち込むというのがベターな流れです。

乾燥剤と一緒にジップロックへ保存などの技もありますのでできる方は是非お試しください!

逆に水没したあとにしてはいけないこととして、水分を振り払おうとしないということがあります。

これは内部に入った水分が移動してしまって結果として症状が悪化してしまうことがあるからです。なのでなるべくそっとしておきましょう!

水没に関してはほとんどの場合、スマホ本体を安静にしておくというのが重要になりますのでお気を付けください!

さらに当店での水没洗浄に関してもご案内させて頂きます!

当店で行っております水没洗浄は水没した端末から基盤を取り外して専用の洗浄液で洗うという作業になります。

水分の中には目に見えない様々な物質が不純物として含まれており、これらが水没としてスマホ内部に侵入すると電気を扱う部分において不具合を起こす原因となってしまいます。またそのときだけではなく、乾燥したあとにその不純物が凝固してしまいスマホの動作に影響を及ぼすということもまま見受けられます。

そのままでは異常な動作を繰り返したり発熱をしたりなど非常に良くない状態が続いてしまいますのでこの不純物を洗浄によって洗い流すということです。

けど基盤関係なので作業代金も高いのでは…?なんて心配のある方はご安心ください!

あいプロ甲府店でのスマホ水没洗浄は一部例外を除いて税込み¥3,800での作業をさせていただいております!

実際最近になってかなり水没洗浄の件数も増えておりますので皆様にも緊急の際にはお気軽にご利用頂けたら幸いです!

続いては当店で修理をする故障というわけではないのですが、スマホの過熱についてご紹介していきたいと思います!

これから更に気温が上がって暑くなるシーズンですので多くなってくるのが高温警告の画面です。

これはスマホの防衛機能として備わっているもので、本体の温度がある一定の、危険と判断されたラインを超えると自動的に機能制限をされ、ほぼすべての動作ができなくなってしまいます。

もちろんこれによってスマホが致命的に壊れることを防いでいますので一安心ではあるのですが、そうは言ってもかなりの高温になっているのは間違いなく、スマホにとってもあまり良い状態ではありません。

なのでまずはこの高温警告に陥る原因とそれを防ぐ方法からご紹介していきたいと思います。

原因からですが、一番多いのは夏場の車内などに放置してしまい太陽光などで暖められて高温警告となってしまうパターンです。

これに関して、車の中に放置しても温度を上げないというのは太陽ぐらいにしかいじることが出来ませんので、兎にも角にも忘れない!というのが防衛策になります。

流石に駐車中の車の温度まで管理するのは無理ですからね!笑

次に多いのがCPUへの過負荷や不具合による熱暴走です。

スマホは名前からするとライトで簡潔なイメージを持たれますが、中身は殆どパソコンと同じようなものです。

昨今のスマートフォン業界は高性能化によって搭載されているCPUも非常にハイエンドなものとなり、消費電力もかなりのものとなっています。

それをあの小さなボディの中に収めて処理をしていますので発熱するのは想像するのに難くありません。

さらにスマホ本体の話だけではなくアプリの仕様などによっても引き起こされたりします。

とくにふる3Dを売りにしたスマホゲームなどはCPUの演算能力に非常に大きな負荷を与えるものです。

しかし、そのゲームをしたからと言ってすぐに本体が熱くなるというのは相当なものですので稀です。

よくあるパターンはそういったゲームを複数起動しておくことによっての過負荷です。

スマホの特徴、売りでもあるマルチタスクは多数のアプリを同時に起動状態にしておく事ができる非常便利な機能です。

しかしその反面本体には少なからず負荷をかけてしまいます。

もちろん待機状態ですので常にフル稼働というわけではありません。

それでもフル3Dのゲームが待機していると考えるとなかなかのヘビーさですよね。

しかもそれが一個や二個ではなく十個、二十個だとしたら負担もかなりのものとなってしまいます。

さらに夏場ともなれば最初から外気が熱い状態でのスタートです。スマホが加熱してしまうのもうなずけます。

これを防ぐにはとにかくこまめにアプリを終了することです。

スマホでしたらスライドをすればすぐにアプリを終了できますので遊ぶのをやめたらすぐに終了させてあげましょう!

あとは原因として意外にもあるのがケースの存在です。

スマホは基本的に防水機能などがあり密閉されていますので本体の表面からの放熱をすることが前提で設計されています。

iPhoneだとアルミフレームに包まれているのでその役割が一層わかりやすいですね!

外につけるスマホのケースはファッションの一アイテムとして重要な役割を果たしていますが、あまりも巨大で分厚いものであったりするとスマホの排熱を妨害してしまって中に熱をこもらせてしまうこともあります。

なのでできることなら見た目と排熱のバランスが取れた薄型のスマホケースをつかうことをおすすめします!

さて、次はいざ高温警告が出てしまったときの対処方法をご紹介致します!

もちろん一番の解決策は「冷やす」ということです!

しかしその中で重要になってくるのがどういった過程で加熱したスマホを冷やすかということになります。

もし誤った冷やし方をしてしまうと、最悪の場合高温警告だけではなく本体の致命的な故障につながってしまう恐れもありますので注意が必要です。

それでは具体的なNGな例です。

一番やってはいけないのが、冷蔵庫や冷凍庫などを使って急激に冷却するということです。

一見するといちばん近道で効果的な対処方法のように思えます。実際パッと思いつく方もいらっしゃるはずです。

しかしこの方法が実はかなりの危険性をはらんでいまして、問題となるのが冷やす速度です。

冷たい空気に当てて冷やすというのはもちろんいちばんの正解ではあるのですが、冷蔵庫や冷凍庫ですとその温度が低すぎて冷却速度が急速なものとなってしまいます。

すると夏場の冷たい飲み物を注いだコップ周りに結露が起きるのと同じ様にスマホの内部でも結露が発生してしまいます。

要は水没したのと同じような状態になってしまうわけです。

最初は高温警告が出ただけだったのに、それを直そうとして水没になってしまったのでは元も子もありませんからね!

手っ取り早くという気持ちもわかりますが、高温警告が出た際は扇風機や冷房の風など、なるべく自然の温度に近いもので冷却するようにしましょう!

お次はiPhoneシリーズのスモールパーツ類修理・交換についてです!

当店ではiPhoneシリーズでしたら画面修理・バッテリー交換というのがメインで行われているというイメージを持たれている方も多いかと思います。

しかしそれ以外にもiPhoneには重要なパーツがたくさんあり、それぞれが正常に動くことによって皆様がいつも使うiPhoneとして機能しているわけです。

なので画面やバッテリーが動くからと言っていいわけではなくそれ以外の部分もちゃんと修理することが重要になってきます。

もちろんあいプロ甲府店ではそれらの細かい部分にも幅広く対応しておりますのでiPhoneの不調を感じたらぜひ一度ご相談頂けたらと思います!

具体的にはインカメラ、アウトカメラ、スピーカー、マイク、ドックコネクタなどなど挙げだしたらキリがないほどです。

とくにカメラやマイク・スピーカーなどはスマホの存在意義に関わる部分ですので壊れてしまったら非常位に不便ですよね…

もしそういった部分の不調にお悩みで買い替えなどを検討されているという方がいらっしゃるようでしたら修理という選択肢もいかがでしょうか?

買い換えるよりはお安く済むこと間違いなしです!

続いてはバッテリー交換についてご紹介していきたいと思います!

iPhoneやスマホに限らず、タブレットやノートPCなど現在流通している携帯端末にはリチウムイオン電池という方式のバッテリーが搭載されています。

このリチウムイオン電池はとても小型化できるということと、小型化したとしても非常に多くの電力を蓄えておくことができるという利点がある優秀、高性能な電池になります。

しかしメリットばかりというわけではなく、充電池(バッテリー)というものの特性上どうしてもあるデメリットも例外ではなくこのリチウムイオン電池にあります。

その代表的なものとして、充放電を繰り返すことによる充電池のキャパシティの低下です。

これは後で詳しく説明しますが、充電池が電気を貯めて放出するという工程をする上でどうしても発生してしまう現象になります。

この反応は一度起きると二度と元には戻らないので、結果としてバッテリーが消耗品として扱われる一番の理由となっています。

もう一つのデメリットはバッテリーの膨張です。

これに関しては絶対に起きるというわけではなく、使用環境などによって発生したりしなかったりとまちまちです。

しかし少なからず起きている現象ですのでご紹介させていただきます。

いわゆるバッテリーには開放型と密閉型という2種類の方式が存在します。

今回扱っているリチウムイオン電池は密閉型という方式に分類されるものです。

よく考えればスマホに使われているバッテリーが開放型で中身ダダ漏れでは困りますからね!笑

と言うわけで密閉型のバッテリーが使われているのですが、その代償としてバッテリーの膨張が起きてしまいます。

これはバッテリーが充電、放電という動作を繰り返すことによって、内部にガスが発生します。

ガスの発生自体はどうしても起きてしまうものなのですが、ごく一般的な使用ではほとんど膨張するレベルまで発生することはありません。

しかし過負荷の発生するゲームなどを充電しながらの使用していたりするとバッテリーの電気の出入りが過剰となり内部にガスが発生しやすくなります。

密閉型ですのでガスの逃げ場はなく中に溜まり続けていくわけです。

実際のところ少し膨張するぐらいでしたらほとんど問題はないのですが、それがどんどんと膨らんでいくとバッテリーの膨張だけでは話が済まなくなります。

バッテリーはスマホなどの内部では大きな面積、体積をしめる大きな部品です。

しかも携帯端末自体がそもそもの作りとしてかなり余裕なくギチギチに設計されているのでその中にある部品が膨張するとなると間違いなく他の部品に干渉してしまいます。

そして一番影響を受けるのがスマホやタブレットの場合はディスプレイになります。

フレームなどは金属製で強固に作られていますが、それに比べてディスプレイは柔らかいので力の逃げ場がそちらの方へと偏ってしまいます。

最初は少しディスプレイが浮くぐらいで済むのですが、あまりに悪化してくると本体とのすき間がどんどんと拡がっていき、最終的には内側からディスプレイを破壊してしまうこともあります。

こうなってしまうとバッテリー交換だけではなく壊れてしまったディスプレイの修理も必要と、バッテリーだけの交換よりも倍以上の代金がかかってしまうことになります。

なのでバッテリーが膨れ上がっているだけと楽観視せずにちょっとでも異変を感じたらすぐに交換することをおすすめします!

そもそもバッテリーは大量の電力を蓄えておく部品ですのでそこが膨れているというのはそれだけでも十分危険なことです。

純正で搭載されているバッテリーや交換するバッテリーは品質基準をクリアしているものですが、こういった膨張が起きた後にずっと使っているという状況まではカバーしているものではありません。

一大事になる前になるべく早く交換を済ませてしまいましょう!

そして当店では現在このバッテリー交換に関してキャンペーンを実施しています!

そのなも「バッテリー交換半額キャンペーン」というものでして、その名の通りではありますが、ある条件を満たしますとバッテリー交換の代金が半額になるという超超お得なキャンペーンになります!

さて、その条件というのがバッテリー交換と同時に(同じ端末が)何か別の修理をすれば半額になるというものです!

どういうことかと言いますと、要はバッテリー交換と一緒にもう一つ修理をすればバッテリー交換の代金が半額になってしまうということです!

例えばよくあるパターンとしては画面修理をするためにご来店して、その時にこのキャンペーンを使って半額でバッテリー交換をしてしまうというものです。

このようにバッテリー交換が最初の目的ではないとしても全く問題ありません!!

もちろん画面交換だけではなくカメラ修理、各種ボタン修理などなど様々な修理との併用が可能となっております!

この機会に是非とも「バッテリ交換半額キャンペーン」をお試しください!!

それでは次の話題に移っていきましょう!!

続いてご紹介するのは、皆様の中にも気になっている方が多いかと思います、Android端末の修理に関してご案内させていただきたいと思います!

現在世界中で流通しているAndroidですが、そもそもどういったものがAndroidと呼ばれるかと言いますと、使っているOS(オペレーションシステム)がGoogleの作ったAndroidを使っているものでしたら問答無用でAndroid端末ということになります。

Googleが主導して作ったシステムですのでブラウザやその他の多くのサービスとの連携が非常にうまくされており、Googleアカウント一つで様々なことが出来るように設計されています。

さすが天下のGoogleですね!!

しかもwindowsと一緒でシェアが非常に多いので他社の機種に乗り換えたとしても比較的すんなり写ることが出来るという利点もあります。

こういったさまざまな理由から世界的に大きなシェアを獲得しているわけです!

ちょっと調べてみたのですが、AndroidOSを搭載した携帯端末は今までで優に一万種類を超えているようです!とんでもない数ですね!

今回はそんなAndroid端末の修理に関してご案内していきたいと思います!!

まずはAndroidに限らず携帯端末の中でも一番多い修理であります画面修理に関してご案内していきます!

やはり大画面化の一途をたどる昨今ですので、その分落とした時やぶつけた時にどうしても画面が割れてしまう可能性が上がってしまいます。

便利になるということはその分トレードオフがあるということなんですね…

まずは簡単にAndroid端末のディスプレイについてご紹介していきます。

Android端末は一部に例外がありますが、基本的には液晶ディスプレイがガラスと液晶の一体型となっておりま。

なので画面が割れた時にはガラスが割れた、という見た目だけでの話ではなくタッチ機能がダメになってしまったり、液晶から液漏れが発生したりしてそもそもの機能的に障害が起きることが非常に多いです。

なのでiPhoneシリーズと比べると画面が割れているまま使っている人は少なくなっているというわけです。

次に画面修理の作業に関してのご紹介です。

Android端末は世界中の色々な会社から発売されているので一概にこの様な方法でやります!というのが言えないのですが、基本的な流れとしてご紹介しますのでご了承ください!

まずiPhoneシリーズとの決定的な違いは内部に到達するまでの最初の工程として裏面から開けていくということです。

もちろん表の画面側から開ける端末も存在するのですが、圧倒的多数としてはこの裏面から開けるというスタイルが大半を占めます。

そしてもう一つiPhoneシリーズとの大きな違いがディスプレイや背面パネルがねじ止めはされておらず、粘着質の防水シールによって固定されているという点です。

これによって強固に固定されており、防水性も高くなっていますが、修理時に開けようとするとなかなかの関門となります。

iPhoneではほとんど使うことがないヒートガンが登場するのもこん粘着テープがあるためです。

具体的な工程としては、まずSDカードやSIMカードなど外部から挿入されているものをすべて取り除きます。

そうしたら裏面の外周部分をヒートガンで温めていきます。

そうすることによって粘着テープが柔らかくなり、背面パネルが外しやすくなります。

背面パネルが外れたらまずはバッテリーのコネクター部分を目指します。

そのままの状態で見えているものや樹脂製のカバーによって覆われているものなど様々なパターンがありますのでその都度状況に合わせてネジを外したりしていきましょう。

こういった樹脂カバーなどを外すとバッテリーのコネクター部分が見えますのでそのまず最初にバッテリーからの給電をストップします。

電気が流れている状態での修理作業は予期せぬところでのショートなどが発生して再起不能になる恐れもありますので必ず作業の最初の段階でバッテリーの接続を切っておきましょう!

この段階でほとんどの場合、ディスプレイから伸びてくるケーブルの接続部分も見える様になっています。

画面修理の場合は絶対に外すところなのでこの段階で外しちゃいましょう!

機種によってはこれら以外にも外さなければいけない部品が多く残っていることもありますのでその都度状況に合わせて作業を進めていきます!

画面のケーブルが完全にフリーになったら今度は実際に画面側(表側)の接着を外していきます。

背面パネル同様に接着テープによって固定されているのでヒートガンを使い剥がしていきます。

この時、破損しているディスプレイから細かいガラス片が発生しますので注意してください!

綺麗にガラス片なども取り除けたら今度は逆の順番で画面などを固定していきます!

ネジを余らせない様に注意しましょうね!

以上が画面修理に関しての一連の流れになります!


 

これらの他にご不明な点がございましたら

あいプロ甲府店にメールかお電話をしていただければ

即時対応させていただきます!!

電話番号はこちら!

☎050-3187-4670

あいプロ甲府店は、ドン・キホーテいさわ店の1階にあります!

 

安くて早い!あいプロ甲府店へお越しください!

皆様のご来店を心よりお待ちしております!