iPhone・Androidなどスマートフォン(スマホ)の画面破損・画面割れ修理なら業界最安級のiPhonePro【あいプロ】にお任せ!

トラブルに関する記事をチェック!

iPhoneお役立ち情報

iPhoneProからのお知らせ

6 6S 6S Plus 7 7 Plus 8Plus iPhone SE X XS データは残したまま トラブル 修理 修理店探し 即日修理

【富士・沼津】iPhoneのバッテリー交換なら!【充電ができない?!】

投稿日:

あいプロ富士・中里店では富士市内で最安値のiphoneの修理を行っております。 一番安い修理は当店で決まり!どこよりも早く安い修理でみなさん大満足です。 画面の修理だけでなくバッテリーの交換や、 水没してしまったiPhone、Androidの 復旧なども得意としております。 iPhone、Androidが壊れてしまったらまずは当店へご相談くださいませ。

ロゴ2

あいプロ 富士・中里店
静岡県富士市中里2566-21

MEGAドンキ・ホーテuny中里店前 テナント

TEL: 050-5359-5005

修理価格はをクリック

コンタクト4

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みなさま、こんにちは☆

あいプロ 富士・中里店】です!!

今日は天気もよくてテンションが上がりますね!!☆

お仕事も頑張れちゃいますよね!!^^

さて本日ご紹介するのはこちら!!!

 

iPhoneの充電ができない!?

 

たびたびご相談にあがるのがこのiPhoneの充電ができないトラブルですね!

ではなぜ充電ができないのか…?

充電できなくなる要因には様々なものがあります!

iPhone本体の故障

ソフトウェアの故障

ケーブルの故障

接続機器の故障

大きく分けてこんな感じですね!

では、当店あいプロで解決できる要因はこの中ですと…

iPhone本体の故障ですね!

ケーブルの故障などは新しいものを買うことが一番早いと思いますw

そこまで高いものでもないですしね!

ちなみに充電の際にはAppleの純正ケーブルか公式ライセンス商品(MFi認証済み)を使用した方がいいです。

 

充電端子の故障(ドックコネクタ)

 

このiPhone本体の故障で充電できない場合

どこが悪いかと言うと充電端子(ドックコネクタ)が故障していることが多いです。

iPhoneの充電端子は充電コネクタを差し込めるように穴が開いてた形になっていますよね?

実はというか、当然と言えば当然なのですが、

この部分には誇りや汚れ、水分が付着しやすく故障が多い部分なんですよ!

充電ケーブルや電源アダプタを変えても充電ができなかったらこの充電端子(ドックコネクタ)の故障が疑われますね><

 

バッテリーの故障

 

そしてもうひとつ!

これも本体の故障といっていいでしょう。

バッテリーの故障です!

みなさんも経験があるかもしれませんが、iPhoneを何年も使っていると

バッテリーが劣化していき膨張したりするんです><

この状態で使っているのはもちろんよくありません。

バッテリーが故障していて、充電ケーブルや電源アダプタは故障していないのに充電されないなんてこともあるんです。

バッテリーの劣化は充電できないだけじゃなく他にも違う場所に不具合を起こす原因にもなりますので

長く使う場合はバッテリーの交換もしましょうね!

 

☆充電端子(ドックコネクタ)の修理☆

 

では、充電端子の修理とはどうやるのか?

ここから修理の工程を紹介していきたいと思います☆

今回はiPhone6のドックコネクタ交換です!!

 

 

ここの部分ですね!!外からだとただ穴が開いているだけで

どうなっているか分かりませんが…

まずはこのドックコネクタの両サイドについている星型のネジを外していきます!

 

 

 

ネジをはずしたらフロントパネルを開きます。

6は縦に開くのでそこを注意します。

まず開いて最初にやることはバッテリーのコネクタを抜くことです☆

これはどんな作業するときも基本的に最初にやります。

その後はフロントパネルは邪魔なので外しちゃいます!

ケーブルカバーのネジを5つ取り外し、カバーを外したらコネクタをはずしていきます。

そうしますと写真の状態になります☆

 

 

 

次にコネクタを外し、スピーカーの周りのネジを外します。

そうするとスピーカーが取れるのでこちらも外します。

これはラウドスピーカーと言って通話中のスピーカーモードなどにした時に使われるスピーカーです☆

 

 

 

 

 

残りのパーツも外していきます。

細長い鉄の板みたいなものはバイブレーターです!

これが震えて振動を起こしているってあまりピンと来ないですよねw

 

 

全てをはずした後に出てきたこれがドックコネクタです!

ようやく本日の主役のお出ましですw

これが切れていたり、何かしらの理由で故障すると充電ができなくなるというわけです。

 

 

 

 

 

 

こちらが新しいドックコネクタです!特に違いはありませんが…w

これを同じようにはめていきます☆

同じようにはめた後は、取り外したバイブレーションや、カバー、ネジを元のように

戻していくだけです!

ただちゃんとはめ込まないと、違う場所に干渉してしまったりして閉まらなくなってしまったり

するのでちゃんと綺麗にもどしていきます☆

 

 

全部を元にもどしたら、電源を入れてちゃんと付くことを確認します。

そして、充電を挿してしっかり充電ができるかを確認!!

しっかり充電されていますね☆

イヤフォンジャックも新しくなっているのでそちらの確認もして

全て正常に動作していれば交換修理完了です^^☆

作業時間は30~40分ほどで終わります!

充電ができなくて、充電ケーブルや電源アダプタに故障がなさそうな場合は

本体の故障の可能性が高いのでその時は一度ご相談ください☆

 

☆ドックコネクタ修理の料金☆

気なるのはお値段ですよね!!

iPhoneX          \14000 税込

iPhone8Plus        ¥12000 税込 

iPhone8          ¥10000 税込

iPhone7Plus        ¥9500  税込

iPhone7          ¥8400  税込

iPhone6S Plus       ¥7300  税込

iPhone6S 、6Plus        ¥6200  税込

iPhone6            ¥4800  税込

iPhoneSE              ¥4300  税込

iPhone5シリーズ      ¥4100  税込

となっております☆

バッテリーの膨張

 

流れでご紹介しますw

バッテリーの劣化はほかの箇所へのダメージを与える原因にもなります!

バッテリーが膨張して隙間ができたiPhoneやAndroidをみなさんも

一度くらいは見たことがあるのではないでしょうか?

まずその状態で使っていると、隙間からホコリ、汚れ、水分が入ってしまう…

というのは容易に想像できますよね;^^

↑こんな感じに↑  

実際膨張したバッテリーを見る機会ってそんなに無いとは思います。

交換してもらう時も預けて、新しい状態で戻ってくることがほとんどですよね。

では実際新品のバッテリーと膨張したバッテリーがどれだけ違うのかという比較をご覧ください☆

ばばぁーん!!!

言うまでもなく左が膨張したバッテリー右が新しいバッテリーですね;@@

ここまで違うんですよ!!そりゃあの薄い精密機器の中でここまで膨らんじゃったら

液晶を押し上げて隙間もできるってもんですよね;><

さすがにここまでなる前にバッテリーを交換するか、買い替えしたほうがいいと思いますw

今のiPhoneのOSではバッテリーの状態というものが見れるようになっています。

当店のブログでもたびたび紹介しているとは思いますが、

 

 

『設定』>『バッテリー』>『バッテリーの状態』

 

 

これだけで分かりますよ!

こんな感じで出てくると思います!

ちなみにこの最大容量84%以下あたりでバッテリーの変え時かなって感じです。

では、下に書いてあるピークパフォーマンス性能とは何かって話ですよね!

説明しましょう↓

 

ピークパフォーマンス性能とは?低下による影響と症状

 

iOSがデバイスの動作温度やバッテリーの劣化などの状態から

“予期せぬシャットダウンが生じる可能性がある”判断したときに

突然のシャットダウンからデバイスを保護する為に、CPUやGPUの最大パフォーマンスを動的に管理する

”ピークパフォーマンスの管理機能”というものが作動します。

ピークパフォーマンスの管理機能が作動した場合、

アプリの起動に時間が掛かる、スピーカーの音量が小さくなる、

一部アプリでフレームレートが低下するなどの症状が現れる場合があります。

 

簡単に一言で言えば、機能が低下しちゃうわけです。><

この状態になったらもうバッテリー換えてくださいってことですね!

長く使っているiPhoneなど不具合がでてきたら修理しましょう!

 

バッテリー交換が半額!?

 

ちなみに当店では『不調パーツ+バッテリー交換』でバッテリーのお値段が半額になりますよ!

例えば、さきほど紹介したドックコネクタとバッテリー交換を一緒に行った場合

 

例 別々で修理した場合 iPhone6 ドックコネクタ交換 ¥4800

               バッテリー交換   ¥4800   計 ¥9600

一緒に修理した場合   iPhone6 ドックコネクタ交換 ¥4800

              バッテリー交換半額   ¥2400  計 ¥7200

 

もちろん、画面交換と一緒でもいいですし、組み合わせはなんでもOKです☆

バッテリーの減りもちょっと気になってきたなと思ったら他の不調パーツと一緒に交換しちゃいましょう!

毎日使うもので、バッテリーへの負担も他のものと比べ物にならないくらいあります。

テレビのリモコンの電池はなくなったら変えればいいですけど、iPhoneやAndroidはなくなってからじゃ遅いんです><

では、次はそんなバッテリー交換のやり方を紹介使用と思います^^

 

☆バッテリー交換修理☆

 

ではではバッテリー交換の作業工程をご紹介していきます☆

 

さきほどのドックコネクタと一緒にやる場合は途中までは同じ工程なので多少時間の短縮にはなります。

まずは下段のネジを外してパネルを開きます☆

開いたらバッテリーのコネクタがついているカバーのネジを外してカバーを外します。

そしてバッテリーコネクタを外します。ここまでは同じですね!

 

そうしたら、バッテリーを外していくのですが、このバッテリー

実は両面テープでくっついているんですよ!!

劣化している両面テープをとりにくくて大変だったりしますw

こんな感じでバッテリーの側面につかめる部分があるのでそこをうまい具合につかんで

引っ張ってとっていきます。

劣化してるとこれが途中でブチっと切れちゃって中に入っちゃうんですよ><

バッテリーは傷を付けてしまうと発火の恐れがあるので

力を一点に入れてしまったり、尖ったものでガシガシするのは基本NGです><

この両面テープは二つついているのでそれを二つとも剥がします。

 

今回は綺麗にとれました☆

 

外すとこんな感じになっております。

ほぼバッテリーが容量を取っているんですね!

 

 

そうしたら新しいバッテリーの出番です☆

こちらです!!

このバッテリーをさきほどのように両面テープを裏につけて

同じように貼り付ければ交換は完了となります☆

 

 

 

 

こんな感じで両面テープを張ります。

先端の黒い部分が折り曲がって表に出るようになります。

バッテリーをはがす時に引っ張るきっかけになる部分ですね☆

これを貼ったらバッテリーコネクタがちゃんとはまる位置に調整して置いて貼り付けます!

 

バッテリーコネクタをつけたらカバーをつけてネジを締めます☆

後は閉じて下段のネジを締めたら終了です☆

もちろんこのあとに、しっかりバッテリーが充電されるかを確認しますよ!

充電されることが確認できたらついでに先ほど紹介した

バッテリーの状態も見てみましょう!!

 

しっかり100%になっていますね☆^^

これでバッテリーもちゃんと持つようになるでしょう☆

以上でバッテリー交換修理は終了となります。

 

☆バッテリー交換の料金☆

 

iPhoneX          \14000 税込

iPhone8Plus        ¥9500 税込 

iPhone8          ¥8400 税込

iPhone7Plus        ¥7400  税込

iPhone7          ¥6400  税込

iPhone6SP 、6P      ¥5400  税込

iPhone6S 、6               ¥4800  税込

iPhoneSE              ¥4100  税込

iPhone5シリーズ      ¥4100  税込

となっております☆

 

もちろん不調パーツの故障もバッテリー交換も保障期間がありますのでご安心ください☆

当店では3ヶ月の保障期間を設けております^^

保証があるとないとでは全然違いますよね!

安心して修理に出してください☆

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

些細なお悩みでも、修理などのご相談も、 是非一度、お電話下さい!

TEL 050-5359-5005

スタッフ一同、 心よりお客様のご来店お待ちしてます!!

元気に10時~20時まで年中無休で営業してます!!